貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

 

妻の逆襲 毎日どこかで夫が行方不明  殺人

1億2000万人の島国で毎年8万人が姿を消している。
警察庁の統計によれば…


2013年度中に「行方不明者届」が受理された数は8万3948人
11年度は8万655人
12年度は8万1111人

ここ数年、年間8万人台で高止まりしている


ほとんどはすぐ見つかる。
13年度中に所在が確認されたのは、8万2182人(12年度以前の届け出案件も含む)という。

そのうち約4割が30歳以下の若者
また、9歳以下の行方不明者数が943人(13年)いるというから、深刻だ。


「幼い子の場合、自分の意思で消えることはないですから。
一般的に多いのは、離婚し、親権を取れなかった親が連れ去るケース。跡取りが欲しくて親や親戚による“連れ去り”が普通な地域もある。


統計の約8万人はあくまで届けが出ている人の数。「消えたのか、消えてないのかすら分からなくなった人」はその2〜3倍いるとも言われているそうだ。こうしている間にもまた1人消えている。




失踪人だけではない
「『身元不明』の遺体が増え続けています。」

『身元不明遺体』の数は、現在、全国で2万人に上っています。
その多くは、所持品はなく、身元が分からないように亡くなっています。


最近の事件などでは、通りでぶつかって口論になった後、車に相手を拉致するといったものや、行方不明者が女性の場合は強姦目的の誘拐などが実際にあります。


世の中の「妻」のなかには、「夫に死んでほしい」あるいは「死ね」「いなくなればいいのに」と思っている人がいることをご存知でしょうか?


「うちは夫婦円満だから」なんて、甘い。
そこまで追い込まれた妻は顔に出しません。


依頼の多くは、夫を殺してほしい、というもの。
これはかなりの数です。


Google検索結果を見るだけでも、妻と夫の間には、埋まることのないであろう大きな溝があることが伺えます。


「嫁」と検索すると、「嫁 ブス」「嫁 うざい」と表示されるという結果に。
「妻」と表現しているうちは愛があり、「嫁」と表現し始めると愛が薄れるということなのでしょうか。


これは、女性にとっても少し怖いことであります。
ちなみに、妻が夫を「アイツ」と裏で呼び出したら、それはもう「離婚の危機だ」と思って間違いないでしょう。家庭崩壊の前兆です。


「死んだらいいのにな」「子供がいるだけの生活がしたい」「離婚するのは大変だから、早く夫に死んでもらって未亡人になりたい」と思っている妻って、実は多い。


女性の場合、子どもが欲しかったりすると、どうしてもタイムリミットを考えてしまいますから、焦りもあって「ほどほどの相手」と結婚したりすると、そうなってしまう確率は高いです。


保険金狙いもあるが家庭内暴力が90パーセント
カネより夫を殺したい


「夫に死んでほしい」と思っても「子供は好き」という妻がほとんどです。
毎日どこかで夫が行方不明になっています。

クリックすると元のサイズで表示します


復讐代行します
0
タグ: 復讐 制裁 嫌がらせ



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ