つねさぶらう

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:takashi suminokura
多分そして私の考えですが、競争としての自転車スポーツから考えると自転車のメーカーが何所なのかはそれほど重要ではないのだと思います。お相撲のふんどしをどこでどのように作っているか?程度ものかもしれません。伝統的なメーカーもほとんどの所でカーボンを出していますしコルナゴ社はフェラーリと提携しているそうです。
これも私の考えですが大抵下請け会社があるようです。カーボンの材料は90パーセント以上は東レです。この辺になると自転車メーカーには無理です。加工技術を今日本では職業訓練所で教えているそうです。
もともと競争の道具は大きな企業のやることではなかったと思います。
投稿者:富田
ジロ・デ・イタリアはJスポーツで良く見てます。一昨年見始めたのですが、イタリアの自転車メーカーが少ないのですね。やはりカーボンの時代には、職人気質の伝統メーカーは向いてないのでしょうか・・。

エマヌエレさんとは、半年ぶりでしょうか?お元気そうで何よりです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ