つねさぶらう

 

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:takashi suminokura
村田さま
お久しぶりです、コメントをいただきまして有難うございます。
大勢の皆様にお読みいただき緊張してしまいます。
私の店の古いお客様がプーケットに行かれたそうです掲示板に御社のサイトが貼りつけてありました。
日下様とおっしゃいます。
投稿者:村田
全くそのとおりだと思います。
最近、自転車の雑誌を眺めても印象の強い物はなかなか見当たりません。
つねさぶらうを購入するに当たり、ボテッキアのパンフレットも頂きましたが、赤いファニーバイクが120万円の値段。その美しさと値段に驚いたのを覚えています。
20年ほど前のイエティやクライン、ニシキUSAなども個性があり、作り手の気持ちが十分にこもっていたように感じます。

プーケットより
投稿者:takashi suminokura
いつもお時間を割いていただきまして有難うございます。
勝手な愚痴にお付き合いいただきまして恐縮です。えらそうに申し上げておりますが私生まれてから一度も洗濯をしたことがありません、独り者の時分は母親に結婚してからはかみさんに押しつけていました。
いずれ恩返しするつもりです。
投稿者:富田
角之倉様

プジョーは、ソルトミル何かも製造していたのですね。初めて知りました。やはり歴史ある会社は違いますね。

>>ビニールの傘の修理屋さんがなりたたないようにです。

その通りだと思います。私自身、薄給の身ですから、あまり高価なものを買えませんが、例えば、時計や万年筆なんかも、気に入った一本を長い間使うのが、本分と思ってます。

数年に一回メンテナンスに出しますが、いつも職人さんのお蔭で見違えるようになります。長い間使っていると、どんな高級品よりも貴重に思えます。

デローザとチネリいいですね。憧れです。是非、ブログで紹介してください。楽しみにしてます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ