つねさぶらう

 

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:suminokura
イアタリアの人は、どこそこに行ったというと「なにをたべてきた?」と聞くそうです。が、
食べ物に対しては保守的なようです。
日本人で言えば炊き立てのご飯に納豆、焼き海苔、食後の熱いお茶の世界を崩しません。
反対に戦後の食糧難時代に育った私はその反動でなんでも有りがたく食べます。
サンドロさんはコーヒーに砂糖を入れると香りが変わるとストレートで飲みます。酒も日本酒が好きです。もちろんワイン他の食材の目利きで1級の料理人なのですが。稲毛にある大越さんで薦められた日本酒をお土産に持って行きよろこばれました。
すこしづつ変わるのかも知れません。
投稿者:富田
写真で拝見する、朝食を作るグイドさんのお顔は、将に蕎麦職人が蕎麦を打つ姿に似いていると思いました。

「家の朝ごはんは世界一なんだ」

って素晴らしいですね。そんな心意気で迎えられる朝食は幸福のひと時と思います。

マルコさんのくだりのサラミ、プロシュート
も思わず食べたくなりました。何か欧州レポートで、食材の話が出るたびに、本当に食べたくなります。

それからイタリアのバールの文化って良いですね。日本も喫茶店の文化(歴史の深さは浅いですが)がかってありましたが、最近はチエーン店(安くて美味しいけれど)ばかりで、少し喫茶店文化を懐かしく思うこの頃です。

引き続き、欧州レポート楽しみにしております。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ