2016/10/31

大井川鐡道E101 長距離鈍行列車 福用カーブ  撮影記録

クリックすると元のサイズで表示します

2016.10 CANON EOS1D-Mark4 + EF70-200mm F2.8L IS U


先ほどの鉄橋にて南海の旧型車、そして本番のE101鈍行を撮影。

決まった! と思いきや、乗客の顔出し&悪戯により終了。

気持ちを切り替え福用のカーブへと急ぐ。

事前情報では旧客5Bと聞いていたが、直前で1両減車されていた。

これならギリギリ編成全て収まる予感。

前走りの南海でパンタの位置を確認し急いでポジもセット。

間髪入れずに踏切が鳴り始める。

最後尾の青スハフが抜けるタイミングを見計らってシャッターを切った。



  
クリックすると元のサイズで表示します

これはまさかの展開である。

蒸機ではなく渋い臨時にわざわざ金を払って乗りにくるのだから

乗客もそれなりに良識ある人間しかいないと踏んでいた。

しかし悲しいかな、やはり少なからずク〇ガキは混じってしまうようである。

窓から手を振る程度なら低速運転のローカル線においてはよく見られる光景。

しかし客扉から全身を乗り出す行為は流石に危険ではなかろうか。

我々撮影者の邪魔をして気分を良くする分には一向に構わない。

だがこの件がきっかけで仮に扉の締切り等せざるを得ない状況になったとして、

ファンを楽しませようと頑張って働かれている鉄道員の方々はどう思うのだろう。

続いて訪れたここ福用においても直前乱入の厨房グループが場を搔き乱していた。

我々は幸いにも被害を受けずに済んだが、

前々から待機していたにも関わらずアングルを邪魔された方の気持ちを思うと胸が痛む。

何としてでもベストなポジションで撮りたい気持ちは分からないでもない。

だが他者を無理やり押しのけて撮った一枚が本当の意味でVなのかは疑問が残る。

人の振り見て我が振り直せ。自分も今一度撮影マナーについて考え、

同類と見なされぬよう周囲に配慮しつつの活動を心掛けようと強く思った次第である。

  
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ