2009/9/30

ロンドン交通博物館に行ってきた。  London Underground

どうも。

今日は、予告したとおりロンドン交通博物館についてうpします〜!

時間がないので簡単に済ませます。。


まず、この博物館はPiccadilly LineのCovent Gardenからちょっと歩いたところにあり、2007年に改装されたこともありとても綺麗です!!

てかCovent Gardenの街自体がちょっと洒落た雰囲気でした。。

Covent Garden駅は階段もエスカレーターもなくて、でっかいエレベーター2台で利用客を裁いてるんですから驚きです。


で、建物に入ってすぐのところで入場券を買ってから中に入ると、すぐに、壁一面を使って世界の地下鉄を紹介しているコーナーが現れます。

勿論、日本のコーナーも発見。
クリックすると元のサイズで表示します
おおおおおおおおおすごい

で、↑の写真の左に写ってるように、その国の地下鉄に関するビデオが流れてるんですね。

んで、それを見てたら、
クリックすると元のサイズで表示します
ビミョに東急8500が映ってるのわかりますか?(笑

まさかこんなとこで8500の映像を見ることになるとはwww

あとは、東武30000とかも出てきましたよ〜w

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
↑全体の写真。。

クリックすると元のサイズで表示します
初期の地下鉄の内装。
個室だったんですね。座り心地は意外とよかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
で、それを引っ張ってた蒸気機関車。
蒸気機関車の地下鉄、、、
絶対乗りたくないですね(笑

クリックすると元のサイズで表示します
これぞ元祖ロンドンバス、ルートマスター。
これは1963年製だったかな。。まだ一部で現役ですよ〜

クリックすると元のサイズで表示します
シミュレーターもありました。
とゆーことでやってみることに。。

で、スタートボタンを押して、出てきた画面は、、、

「OpenBVE Now roading…」wwwww

しかもなんか持ってるデータでしたorz

こーゆーのって、Mackoyさんとかこのデータの製作者さんとかはギャラもらえるんですかね。。

でもOpen BVEだからMackoyさんはもらえないのかな・・・w

クリックすると元のサイズで表示します
↑これが運転台です。。
皆さん、操作方法を想像できますか??

実は、椅子の横の赤いレバーを押したり引いたりしたり、さらに持ち手の向きを変えたりしたりすることで操作するんですね。日本より複雑です。。

・・・と、その場にいた鉄道好き坊や(日本人)に教えてもらいましたw

どうやらその坊やはこの博物館の常連客なんだとか。。


シミュレーターは、これの他に「モニターと運転台だけのもの」が二つありました。
東武博物館みたいですね。



・・・とまぁ、ここまで大雑把に紹介してきましたが、このほかにもクオリティが高い展示がたくさんありました。

文章での説明が少ないので、英語が読めない私のような人間でも楽しめるのでオススメですよ〜www

ロンドンに訪れる機会があったら、是非訪れてみるといいと思います!!
中学生未満無料という素晴らしい場所ですし。。

室内の演出とかは、てっぱくに勝るものがあると思いました・・・。

あとはカフェがあったり、でっかい土産屋さんもあったりします。
そちらに入るだけなら、大人も無料です。。

わたしはそこで地下鉄の本を一冊買いました。



終わり方がビミョですが、、、
では。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
0



2013/9/13  2:22

投稿者:バーバリーブラックレーベル

今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^

http://www.thbsf.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ