めざせ!世界の造型師

造型工房キトラの名前で、怪獣造型を生業にしています。ワンダーフェスティバルを基本に、最近はギャラリー等での出展もしています。

 
造型工房 キトラのホームページはこちらです

自由項目

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:izuken
キンゴジ製作頑張ってください!
オリジナルも一回こっきりではなく
何作も創って欲しいです!
たとえばモスゴジのオリジナルとか・・
モスゴジをtokaさんのイメージで
着ぐるみは敢えて無視して
生物として格好良く再構築して
200×年型tokaオリジナル・モスゴジ
みたいな・・・。
オリジナルイメージ・キンゴジだって
見てみたい!
tokaさんのセンスに期待してます。
投稿者:鮫順
キンゴジは場面ごとに修復がなされているそうなので、富士山麓〜熱海城あたりになると
大分顔が垂れ下がったのではないでしょうか?
それと84ゴジのメイキング本を見てるんですけど中野監督がそれまでのゴジラの口がラジコンで開き過ぎるのが嫌だと言っていて、
結果サイボットで滑らかな口の開閉を目指した
と言ってました。キンゴジの頃は口の開閉で、ものすごい力が頭部にかかり、下に向かって
引っ張られたのではないか?と思っています。
昭和ゴジラが口閉と口開で印象が違うのは
これかな?なんて考えてます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ