日本を識ろう

見習いマーク付きの未熟者、タマネギ愛国者の談話室。
受信するだけの側から、少しでも発信する側になれる事を夢見て。
モットーは「是々非々」。政治スタンスは「やや右翼」。

 
人気blogランキングに参加しています。
みだりにクリックなさらず、厳しい視点でのご評価をお願いします。


 主に支持する政治家は「麻生太郎・安倍晋三・江田憲司」。
 天皇家皇位継承問題については「男系万世一系の護持」「GHQ措置による旧皇族離脱の無効化」による解決を望む。
 直間税比率問題については「消費税に軽減税率設定&各種間接税の完全統合」を絶対条件とする立場。間接税多重取りを撲滅せよ。
 経済政策については「TPP参加不要」「インフレターゲットによる将来景気の刺激」「国内生産・雇用への支援増強」を。
 あと、いまや十分“先進国”となった「中国・韓国への“経済支援”」は仕分けすら生ぬるい。最低でも5割、可能なら全カットでGO。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:タマネギ愛国者
>びーちぇ様
 本当に、近現代の日本は情報戦にすっかり弱くなってしまっていますよね……明治頃までは、諜報分野においてそれなりのノウハウをしっかり持っていたはずなのですが。(忍者とかもそうだし、幕末にはそれこそ血で血を洗う諜報合戦が維新の行方を左右した)
 やはり政治・軍事の両分野ともに、官僚主導(お任せ)体制が確立してからそのあたりがおかしくなったようにも思います。政治家も軍人も、本当は官僚の仕事を把握し理解しないといけないんですよね。逆に官僚は自分達の仕事をしっかり政治家達に理解させないといけない。国益と保身、どっちが大事かという事です。
 ……今の官僚は後者中心なんだろうな、とは容易に想像できるところですが(溜息)

 最近は読みたい書籍がラッシュで出ていて、なかなか実際の購入・読書が追いつきません(^^;
 でも、今までさんざんサヨクな言説や書籍にまみれてきた日本の知識層からすれば、これでようやくバランスが「とっても左」から「まだ少し左」になってきた程度でしょう。
 ご紹介の本、頑張って読みたいと思います。

※コメント重複分は削除しておきました

http://black.ap.teacup.com/tamanegi/
投稿者:びーちぇ
本当に心が痛みます。

先の戦争の時も日本は情報戦に負けたのです。
というより、優秀な情報員が「命をかけて」集めた貴重な情報を省みなかった・・・また、軍の中核の将校達が、安易な自己判断で握りつぶしたりしたため、陛下を始めとして首相さえも正確な情勢を知ることが出来なかったのです。

話は飛びますが・・・
竹田恒泰「語られなかった皇族たちの真実」を読みました。
その中にも、上記のような記録があり、その中で陛下をお助けするために各皇族方が全員身を捨てて働かれていたことが良く分かります。
ご一読をお勧めします。

また、古書で安価に手に入ると思いますが、犬養健「揚子江は今もながれている」は必読です。
支那事変から敗戦処理まで、皇族方と共に、昭和天皇陛下の平和へのお心を生かそうと、遺書をふところに働いた人々がいたのです。今は忘れられていますが。

いずれにしても、スパイ防止法などの法律の制定や、このような問題の重要性を一般の方々が認識できるように、訴え続けることが、私達のやらねばならぬことと信じています。

うーー。
あいかわらず、タマネギさんみたいには、
まとまりませんねえ・・・
よろしくご判断のほどを。

(すいません。
前のコメント、削除して下さい。
下書きまでアップしちゃいました。


http://julian.way-nifty.com/woshite/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ