橦木倶楽部通信第4輯

橦木倶楽部を拠点に、文化のみち全域のネットワークづくりを目指します。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masa
そうでしたか。私も聞いてみました。校歌は、歌詞もメロディーも皆よく似ていますね。
学校シリーズもそろそろ種が尽きてきました。次のシリーズは堀川下流かなと思っていますが、なかなか歩く暇がありません。
投稿者:tera-toy
山吹小学校のHPを見たら、校歌が流れてきました。残念なことに、曲を聴いても、記憶が甦ってきませんでした。
http://www.yamabuki-e.nagoya-c.ed.jp/
左上の学校紹介から聴くことができます。
投稿者:masa
「棣棠」も奥が深いですね。読めない、書けない。難しい字をあえて使った先人の志の高さを感じます。「橦木町」に似合っていますね。「撫松庵」も含めて、その意味合いを紐解きながら、この地区の文化の匂いを感じ取れればと思います。
投稿者:yamori
以前に井元邸の名を考えた際に「棣棠庵」というの
はどうかな?と。その時に井元しゅんさまの婿の松
蔵さんが付けたらしい「撫松庵」の名があることを
知りました。   

|anshin@nna so-net.ne.jp
投稿者:tera-toy
昔から「棣棠」の文字が気になっていました。昨日、字典で調べたところ、「棣棠」は「テイトウ」と読み、「野山に自生する落葉低木の名。やまぶき。『棣』(テイ)は『にわうめ』の意。『隶』は『逮』(とどく)の原字で、前のものに後のものがとどくこと。『棣』は『木』と『隶』の会意兼形声文字。次々と花が並んで列を成す木」とありました。「また、『棠』(トウ)は「やまなし」(木の名)、「棣棠」を逆にした「棠棣」(トウテイ)は「やまなし」とあり、似たような植物名の「海棠」(カイドウ)も載ってました。
投稿者:masa
先日、東海ラジオの朝の「僕の作文、私の作文」という番組で、私の卒業した「港西小学校」の校歌が流れてきました。結構覚えていました。メロディーを聴けば思い出すのではないでしょうか。
投稿者:tera-toy
「山吹小学校」校歌の記憶は全く残っていません。年を取った所為でしょうか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ