橦木倶楽部通信第4輯

橦木倶楽部を拠点に、文化のみち全域のネットワークづくりを目指します。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masa
アクセスは無事できたようですね。コメントありがとうございます。今日は、名城周辺を歩き回り、午後から橦木倶楽部に詰めました。
名古屋台地の東から西に地上と地下にたくさんの水路があったということがわかってきました。名古屋は、水の豊かな所なのだなと思いましたが、名古屋駅の周辺や東部丘陵地帯(長久手や日進)はずいぶん水で苦労しているようです。
投稿者:花散里
大幸の地に「大幸川」が流れていたことは、土地のお年よりに伺ったことがございます。昭和30年代まで(正確にはわかりませんが)小さな川が流れていたようです。
大曽根の地下には大きな池があるとか。今もあるのでしょうか。想像出来ません。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ