橦木倶楽部通信第4輯

橦木倶楽部を拠点に、文化のみち全域のネットワークづくりを目指します。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masa
私は、名古屋市博物館「猿猴庵の本」シリーズの『御鍬祭真景図略』1・2しか持っていません。それはお持ちですよね。
投稿者:伊藤成光
お鍬祭りに関して調査しております
同祭りに関する資料・記事等を探しております
教えて下さい
投稿者:masa
どういう加減でしょうね。サイトを変えたせいでしょうか?
ところで画家シリーズをひとまず終了して、次は堀川シリーズに入ろうと思います。実際に堀川を歩きながらレポートします。まずは、掘留の朝日橋から少しづつ黒川を遡っていくつもりです。その次は名古屋港まで下っていこうと思います。長期連載になりそうです。名古屋という町の姿が見えてくるような気がします。
投稿者:花散里
masaさま、お久しぶりでございます。
実は、どうした加減か、全然ブログに入っていけませんでした。yamoriさまの方はちゃんとヒットするのに。
沢山、コメントしたいのにぃぃぃ、とちょっと困っていました。今日、なんとか、このページと前日、前前日分から見られるようになりました。
明日はチャンと見られるかしら、とドキドキです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ