2006/12/27

ダイナマイト訃報でした  音楽全般

クリスマスのJBと言えば、Jingle Bellsだと思ってたけど、12/25にジェイムズ・ブラウンが亡くなってしまいました。クリスマスの日に亡くなった人で思い出すのは、チャーリー・チャップリン。当時のニュースを妙によく覚えています。JBとは特に関係もないだろうけど、2人ともアメリカを代表するエンターテイナーでしたね。

JBが亡くなったと聞いても不思議と驚きませんでした。今年2月に来日した彼を観に行ったのですが、それも今観ておかないと、もう観れないような気がしたからでした。彼の場合ブルースマンなんかと違って、90歳でよれよれになりながらも、枯れた味わいで聴かせるようには到底思えなかったんです。不謹慎を承知で言うと、枯れる前にポックリ逝ってしまうような気がしていました。

久々に観たJBは、相変わらず妥協のないソウルショーで楽しませてくれましたが、やはり寄る年波は隠すこともできず、前よりもアクションは少なくなったし、出ずっぱり度も相当落ちたように感じました。

以前毎年行っていたロングビーチ・ブルースフェスにJBが出たことがありました。1992年です。当然その日のトリで、持ち時間は1時間だったのですが、ステージのセットアップがとても時間がかかり彼が登場したのは、本来ならば終演する予定の時刻でした。1時間以上もセットアップしていたんです。完璧なまでにJB仕様にステージは作り替えられていました。

そして、その時間から始めて2時間近くやったんです。フルセットです。フェスティバルだろうが、なんだろうが、自分のショーには妥協は許さない。JBらしいなと思いました。だけど、主催者は大変だったろうな。聞くところによると、アーティストの楽屋用に用意されるトレーラーはJBの分だけで2台使ったそうです。衣装がスゴイ量だったそうで。

ライブは文句なしでした。あのときは、本当に手の届くような近さで観ることができました。余談ですが、彼の前に出たのがルース・ブラウンでした。いいステージを見せてくれたんですが、JB目当ての一部客が「おれがみたいのはジェイムズだ。ブラウン違いだ」などと野次を飛ばしていて、ったくもーと思いました。どちらも、相次いで亡くなってしまうとはね。

訃報続きですが、まさに2006年の最後にダイナマイト訃報でした。豪快な人生を送った彼の行き着くところは天国か地獄かはわかりませんが、あの世でも暴れて下さい。

「安らかに」は彼らしくないように思えるので、あえて言いません。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ