2006/10/29

AERAのシリル&モンク記事  音楽全般

明日10月30日発売のAERAに来日したシリル・ネヴィルとビッグ・チーフ・モンク・ブードローの記事が出ます。小さい記事ですが、よかったらみて下さいね。

AERAは、6月掲載のニューオーリンズ・ジャズフェスの記事ののことをここで色々と書きましたが、その際の編集部とのやり取りから、この記事を書かせてもらうことになりました。

そのときのことを知らない人は過去ログをみてね。
http://black.ap.teacup.com/sumori/22.html

6月の記事の上塗りにはなってないかもしれませんが、今回のシリルの来日を紹介できたのはよかったです。
この取材に当たってはまものさん、ヒロナリさんにお世話になりました。本当に感謝+お疲れさまです。彼らの協力なくしては実現しませんでした。

AERAの記事は短いですが、インタビュー自体はたっぷり語ってもらったので、残りの部分はブルース&ソウル・レコーズの次号で紹介する予定です。

シリルとモンクは別々にインタビューしたのですが、同じニューオーリンズの人、同じカトリーナ被災者ながら、言うことが対称的で面白かったです、やっぱり別々に話してもらってよかったと思いました。シリルは今のニューオーリンズが抱える問題点を語り出したら止まらない感じでした。故郷を愛しているからこその発言には、重みがありました。

それにたいしてモンクは不平不満は一切語らず、ニューオーリンズの復興に関してもとてもポジティブでした。被災して大変な目に遭っているはずなのに、穏やかな語り口で「大丈夫」と話すモンクは、人間ができてるなぁと思いました。先に来日したアラン・トゥーサンと通ずるものがあるかも。本当にいい人でしたよ。

2人ともまた来日してほしいな。今度は東京でもやってほしいです。ネヴィル・ブラザーズの来日はないのかなぁ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ