2006/9/10

Hyde Park2日目  音楽全般

クリックすると元のサイズで表示します
行きました2日目。晴れた。しかし、暑かった!おかげでビールが進んでしまったぞい。

僕のこの日の目当ては、ブルース・タイム(木村充揮、有山じゅんじ、近藤房之助)だったのですが、この日はどの出演者も内容が濃くて、いい音楽をいっぱい聴いて満腹です。前日よりも客も確実に多くて、かなり盛り上がってました。

で、ブルース・タイム。(J.ガイルズとは関係ないです->チュートンさん)3人でどんな感じでやるのか興味津々でした。木村+有山のデュオはみたことがありましたが、それに房之助が加わるのは想像しにくかったんですが、ちゃんと3人でプレイしましたよ。バックバンドはなし。全部アクースティックのセットで、木村と有山ののりに房之助が付き合っている感じでもありました。アクーティックで通す房之助は初めてみたと思う。

まず木村が出てきて、弾き語りで「あたしの彼氏」、「$10の恋」と2曲。そのあと有山が呼ばれて2人で2曲くらい(1曲はLet It Shine On)やったあと、木村がさがり、有山ひとりに。彼は「ブルースをやります」といい、ガッガガッガとブルースのリズムを刻み出す。何をやるのかと思いきや、歌い出したのは、「上を向いて歩こう」ブルージーで最高なバージョンでした。やっぱこの人いいわ!。今更言うまでもないけどギター、うまいなぁと感心。

そして今度は近藤房之助が呼ばれ、有山と2人で1曲やったあと、房之助がアクースティック弾き語りで"The Sky Is Crying"をプレイ。(天気はかんかん照りでしたが...)

今度は木村と近藤のデュオでやったあと、フィナーレで3人揃って「嫌んなった」をやりました。歌も交互に歌ってなごやかなセッションでした。

盛り上がる観客の歓声にこたえて、アンコールもやりました。やったのは有山の「梅田からナンバまで」3人とも楽しそうだったな。

クリックすると元のサイズで表示します

これみただけで、行った甲斐があった。

湯川トーベンの娘の湯川潮音も透き通るようないい声してて、楽しめたし、オープニングを飾った東京ローカルホンクもよかった。初めて聞く名前だったけど、ちょっとジャムバンドっぽい感じもあって、つぼにはまりました。

最後のフォーク・クルセダーズの再結成版は、どんなもんだかみてみたい程度の興味でしたが、彼らも予想以上によかったです。帰ってきたよっぱらいをボサノバにアレンジしてやってのけたのには目からうろこでした。やるなー。

このフェス、出演者うんぬんよりも、雰囲気が最高。来年も是非行きたいな。

より詳しいレポートや写真は、公式サイトの速報をみてね。
http://www.mag-express.com/hpe06/
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ