2009/10/9

Robert Cray / This Time  新譜情報


The Robert Cray Band / This Time (Vanguard)
2009年8月リリース。


ロバート・クレイの新譜。スタジオ作としては4年ぶり。

彼の新譜では久々に熱くなる内容でした。これまでの作品と比べても、まず音が生々しい。スタジオでライブのような音作りで、歌もギターもビンビン伝わってきます。これまでの作品には、耳触りのいいように丸くやすりをかけたようなところがありましたが、今回は粗削り、蔵出しそのまんまという感じです。"Love 2009"、"This Time"のようにクレイの得意なマイナー調のしっとりした曲も入っているけど、いずれもしっとりしすぎず、バンドの躍動感を維持し、これまで付きまとっていたマンネリ感を吹き飛ばしてくれます。

そうこのアルバム、バンドの躍動感がいいんですよ。特にシャッフル"That's What Keeps Me Rockin'"あたりののりの気持ちいいこと。バンドは今回、ドラムスとベースが入れ替わって心機一転をはかっていますが、ベースはリチャード・カズンズ。デビュー当時からクレイと活動していた人で、19年ぶりの復帰となります。彼の存在がまた、バンドのグルーヴにプラスの影響を与えているのかもしれませんね。

5月の来日公演のときと同じメンバーですから、あれを見た人ならば、バンドの雰囲気は判ってもらえるんじゃないかな。前作ではクレイ個人名義でしたが、今回は"THE ROBERT CRAY BAND"になっています。クレイもバンドを重視しているということではないでしょうか。

クレイは歌のうまさには定評がありますが、今回ギター・ソロにも印象的なプレイが多くあります。特にバラード"I Can't Fail"の入魂のソロ。泣けます。声以上に歌っています。素晴らしい。

クレイの作品に駄作はないけど、長らく傑作もなかったと思います。でも、間違いなくこれは傑作。彼のベストのひとつと僕は思います。
こんなに充実した内容なのに、日本盤、出ないのかなぁ。

収録曲
1. Chicken in the Kitchen
2. I Can't Fail
3. Love 2009
4. That's What Keeps Me Rockin'
5. This Time
6. To Be True
7. Forever Goodbye
8. Trouble & Pain
9. Truce

http://www.amazon.co.jp/This-Time-Robert-Cray-Band/dp/B002EIJ8IG/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1255061494&sr=8-1
0
タグ: ブルース 新譜



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ