2009/9/29

Donnie Fritts@渋谷 O-EAST  ブルース

ドニー・フリッツ&デコイズ観てきましたよ。
インストアもよかったけど、やっぱ本格的なライブは全然違います。いやぁ、よかった。
これから見る人もいるでしょうから、ネタバレ注意です!

--

まず、デコイズのメンバーだけでスタート。1、2曲でフリッツが出てくるのかと思いきや、6曲もやりました。これがかっこいいのなんのって。スコット・ボイヤーの持ち歌"Please Be With Me"とオールマン・バージョンの"Stateboro Blues"では、ゲスト・ギタリストにクニオキシダが登場。いい感じのスライドをばりばり聴かせてくれました。スコットのボーカルはソウルフルだし、ケルヴィンのリード・ギターもブルージーで最高ですわ。デヴィッド・フッドは、黙々と後ろの方で弾いていて出しゃばらないけど、さりげに存在感あり。

フリッツを観に来たのに、このままデコイズだけでも、それなりに満足して帰れるんじゃないかと思っちゃった程。(実際、それだけで終わったら暴れると思うけど...)

フリッツは、インストアのラフな格好とは一転、黒スーツとサングラスでビシッと決めて登場。なんだか、その身なりがリンゴ・スターっぽいと思ったのは俺だけ?インストアでは弾かなかったキーボードもたっぷり弾いたし、バンドがガツンと決めているので、本人もノリノリでよかったなぁ。"Rainbow Road"と"My Friend"の2曲は、バンドなしのキーボード弾き語りで披露。当初やる予定はなかったようで、「リクエストに応えて」だそうです。出だしをミスってやり直すなんていう一幕もあり、本当に普段はレパートリーに入っていないみたい。意外でした。

アルバムは3枚しかないので、特に「Prone to Lean」からはまんべんなくやるのかと思いきや、やったのは半分以下。"Iko Iko"(ドクター・ジョン・バージョン)のカバーもありました。

歌もキーボードも特にうまいというわけではないんですが、味わいたっぷり、そしてドニー自身「全米で最高のバンドを連れてきた」とコメントしたとおり、バンドは文句なし。とても満足のいくライブでした。

客席は年齢層高かったなぁ。おじさんたちはやっぱ疲れるのか?のりのいい曲でもおとなしく座っている。最後"Iko Iko"でドニーが「踊ってもいいんだぜ」と客に言ったけど誰も立たず。ギターのケルヴィンさんが、ジェスチャーで「はい立って、立って」と促してみんなやっと総立ちに。その勢いで、ラストの"Memphis Women and Chicken"になだれ込もうという流れだったんですが、曲間の僅かなすきに半分くらいの人が着席していたのには笑ってしまいました。結局また立たされた(笑)。

やった曲はこんな感じ
--THE DECOYS--
Shot from the Saddle (vo. Boyer)
Love & Happiness (vo. Boyer)
Please Be With Me (vo. Boyer, Kunio Kishida slide gt.)
Statesboro Blues (vo. Dillon, Kunio Kishida slide gt.)
Mary Had A Little Lamb (vo. Holly)
Oh Lucky Me
--Fritts登場--
Sumpin' Funky Going On
Nothing But the Blues
Muscle Shoals
We Had It All
Waking Up In Reno
Short End of the Stick
Across the Ponchartrain
Three Hundred Pounds of Hongry
One Foot in the Groove
Huevos Rancheros
Jesus Was All I Had
Jungle Man
Rainbow Road (Fritts solo)
My Friend (Fritts solo)
Iko Iko (vo. Boyer)
Memphis Women and Chicken
-Encore-
Why Is My Day So Long?

前座のKARA GRAINGERは初めて聴く人だったんですが、フォーキーなサウンドは、初めてとは思えないほど耳になじみました。どこかで聞いたことがあるような音だけど、誰に似てるんだろ?スザンヌ・ヴェガ?違う?

9月28日(月)渋谷 O-EAST
開場18:30 / 開演19:30
Opening Act : KARA GRAINGER with Mitch Grainger
19:35-20:05 KARA GRAINGER with Mitch Grainger
20:25-20:45 The Decoys
20:45-21:50 Donnie Fritts with the Decoys

The Band
Donnie Fritts: lead vocals, electric piano
Scott Boyer: rhythm guitar, vocals
David Hood: bass
Kelvin Holly: lead guitar, vocals
N.C. Thurman: keyboards, vocals
Mike Dillon: drums, vocals
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ