2022/2/27

BLUES & SOUL RECORDS 164号発売  BSR誌

クリックすると元のサイズで表示します

2月25日発売のBlues & Soul Recordsは「ブルースいきもの図鑑」というちょっと珍しい巻頭特集です。ブルースの古典の数々に登場する動物、虫、魚などさまざまな生き物に注目し、考察してみようというこの企画。生き物のイラスト入りでエッセイ集のような感じでもあり面白い内容です。生き物そのもののことを歌った歌詞ももちろんありますが、動物を比喩として登場させているものも多いので、そこら辺の話は興味深いです。

付録CDも生き物が登場するブルース集。メンフィス・ジャグ・バンド、ココモ・アーノルド、チャーリー・パットンなど戦前ブルース14曲が収録されています。

他12月に亡くなったジョー・サイモンの追悼記事はディスク紹介も含むプチ特集になっています。

僕は、新譜レビュー・コーナーでニューオーリンズ系の作品を2枚紹介しています。9年ぶり5作目をリリースしたエッグ・ヨーク・ジュビリーとジョー・クラウンとジェイソン・リッチの新ユニットです。どちらも聴きごたえのある作品です。

----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 164
2022年2月25日発売
定価: 1,800円+税(税込1,980円)

表紙 チャーリー・パットンの78回転盤SPレコード”Down The Dirt Road Blues”の新聞広告より

ネコ、ラバ、クモ、ヘビ、ハチ、ナマズなどなど、ブルースには多種多様ないきものが登場します。あるときは人の化身として、あるときは不吉な予兆として、またあるときは生活をおびやかす存在として。いきものたちがどのように登場するか、その意味を読み解くことで、ブルースの背後に広がるアフリカン・アメリカンの生活や文化が見えてきます。一緒にブルースのいきものたちを観察してみましょう。
.
[1]不思議な力の持ち主、猫 [高地 明]
[2]生活に欠かせない貴重な相棒、ラバとポニー [高地 明]
[3]死の予兆にもなる恐ろしい蜘蛛 [高地 明]
[4]神秘的な蛇が性的メタファーに [スカンクちかの]
[5]最も身近な家畜、鶏はブルースでも大人気 [スカンクちかの]
[6]蜂がブンブン、飛んで刺して大暴れ [小出 斉]
[7]ああ、ナマズになってみたい… [小出 斉]
[8]お気に入りの牛はたいせつにしましょう [小出 斉]
[9]神の化身か、いたずら好きの猿 [中河伸俊]
[10]犬は人の最高のともだち、ではないの? [濱田廣也]
[11]やっかいものの害虫たち [スカンクちかの]
[12]ブルース界一のキャラを生んだ狼 [中河伸俊]
[13]青い鳥よ、わたしの気持ちを届けておくれ [中河伸俊]
[14]かわいいあの娘はセクシーな豚ちゃん [濱田廣也]
[15]雨に濡れ、今日も蛙は飛び跳ねる [濱田廣也]
.
.
【付録CD/Don’t Sing The Blues No More】
チャーリー・パットン、ブラインド・レモン・ジェファスン、ブラインド・ブレイク、マ・レイニーら、人気シンガーたちが歌う、いきものが登場するブルースを収録。ギター伴奏によるブルースが大半を占めますが、ジャズ・バンド編成のものや、当時流行のジャグ・バンド・スタイルのものも収録し、1920〜30年代のブルースの入門編としてもお楽しみいただけます。
.
1. MEMPHIS JUG BAND : Bumble Bee Blues [feat. MEMPHIS MINNIE]
2. KOKOMO ARNOLD: Old Black Cat Blues (Jinx Blues)
3. SYLVESTER WEAVER: Black Spider Blues
4. BLIND BLAKE: Black Dog Blues
5. J.T. "FUNNY PAPA" SMITH (THE HOWLING WOLF): Hungry Wolf
6. FREDDIE SPRUELL (MR. FREDDIE): Milk Cow Blues
7. CHARLEY PATTON: Stone Pony Blues
8. TEXAS ALEXANDER: Bantam Rooster Blues 9. BLIND BOY FULLER: Stealing Bo-Hog
10. FURRY LEWIS: Mean Old Bedbug Blues
11. WILLIAM HARRIS: Bullfrog Blues
12. LUKE JORDAN: Traveling Coon
13. MA RAINEY: Bo-Weavil Blues
14. BLIND LEMON JEFFERSON: That Black Snake Moan
.
.
【その他の主な記事】
● ブルース・カーニバルが野音に帰ってくる! 《TOKYO BLUES CARNIVAL 2022》
● 映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvsビリー・ホリデイ』公開中
● 追悼 ジョー・サイモン/長く愛される曲を数多く残したソング・スタイリスト[高橋 誠]/重要曲から隠れた傑作まで録音歴をたどる[森島繁美]
● 黒人音楽ファン必読の名著が復刊『黒人ばかりのアポロ劇場』[妹尾みえ]
● 《トゥルー・ブルース・マスターズ〜ブラック・アンド・ブルー》第4期10タイトル・リリース [濱田廣也]
● スウィート・インスピレーションズのアトランティック録音集/CD『The Sweet Inspirations: Let It Be Me - The Atlantic Recordings [1967-1970]』[新井崇嗣]
● ファニアのブガルー/ラテン・ソウル・シングル集/CD『It’s A Good, Good Feeling - The Latin Soul Of Fan Records: The Singles』[日向一輝]
● ブルースマン、ジャズマン、そしてボクサー/CD『Boxer, Bluesman, & Jazzman 1921-1962』[原田和典]
● ワシントンDCのR&B史をひもとくCD16枚組セット『R&B In DC 1940-1960』[後編] [鈴木啓志]
● 注目作をじっくり鑑賞する「語りたい逸品」コーナー
*『サマー・オブ・ソウル』サウンドトラック盤 [柴崎祐二]
● [新作アルバム・リヴュー]ケヴ・モ/ジョン・メイオール/コリー・ハリス/ブリーフ・エンカウンター 他
.
.
【連載】
☆ 永井ホトケ隆 好評連載「Fool’s Paradise」第12回
☆ KEEP ON KEEPIN’ ON ソウル/ファンク名盤のメッセージを読む 第7回 フレッド・ウェスリー&ザ・JB’s『ドゥーイング・イット・トゥ・デス』/中田 亮
☆ SONS OF SOUL/林 剛
☆ ゴナ・ヒット・ザ・ハイウェイ〜西海岸と南部を結ぶ「I-10」沿道音楽巡り/日向一輝
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦×編集部H
☆ フード・フォー・リアル・ライフ 〜歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出斉の勝手にライナーノーツ「RABBIT MUSE / Muse Blues」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.93 「Kapp」
☆ ゴスペル・トレイン「ゴスペル・クレフス」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.240/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ