2022/2/22

追悼Syl Johnson 1936-2022  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Syl Johnson at the New Orleans Jazz & Heritage Festival
House of Blues Stage, May 3, 1997
(c)Photo by Masahiro Sumori

シル・ジョンソンが亡くなってしまいました。2月6日、ジョージア州メイブルトンの娘さん宅でのことだそうです。死因はうっ血性心不全、85歳でした。

1月31日に8歳年上の兄、ジミー・ジョンソンが亡くなったばかりでしたので、間違いかと思ってしまいました。そうではなかったです。残念、悲しいです。

シカゴを拠点としていたシルがなぜ遠く離れた娘さん宅にいたのでしょうか。ただ偶然遊びに行っていただけかも知れないですが、具合が悪かったからという可能性もありますね。

生まれはミシシッピですが、1950年ごろ一家でシカゴに移住したシル。1950年代からハウリン・ウルフやジミー・リード、マジック・サムらと共演を重ね、シカゴのブルース・シーンで活動しましたが、ソロ・アーティストとして花開いたのはファンキーなソウル色を打ち出した1960年代後半に入ってからでした。代表曲となる” Come On Sock It To Me”、”Different Strokes”などをリリースし、乗りに乗っていたものの、彼自身は当時在籍していたトワイナイト・レーベルの待遇に不満を持ち、1970年代に入るとメンフィスのハイに移籍します。ハイでは”Back For A Taste of Your Love”、”Any Way The Wind Blows”などの楽曲をリリース。レーベルの顔のひとりとなりました。



特にアル・グリーンの持ち曲として有名な”Take Me To The River”はもともとシルのために書かれた曲であるというのはよく知られた話です。

しかし、シルはハイでも冷遇されていると感じていたようです。アル・グリーンばかりひいきにして自分には力を入れてくれていなかったと、シルはインタビューで繰り返し述べています。

70年代後半になるとディスコ・ブームの到来とともに彼の人気にも陰りが出てきたことから半ば音楽活動は休止し、外食ビジネスに乗り出します。今はもうないですが、彼の経営した魚料理のレストラン「Solomon’s」はシカゴを中心にチェーン展開する勢いだったそうです。



状況が一転したのは1990年代に入ってから。彼の楽曲をウータン・クラン、ジェイZ、ゲットー・ボーイズ、サイプレス・ヒルなどラッパー達がこぞってサンプリングし出したことで再び注目を浴びるようになったのです。

1994年にハイ・リズムと組んでデルマークよりリリースしたアルバム「Back In The Game」でソロ・アーティストとしても復活をアピール。その後も、兄ジミーとの共演作をリリースするなど元気に活躍を続けました。

2015年には彼のキャリアを振り返るドキュメンタリー映画「Syl Johnson: Any Way The Wind Blows」が制作されました。この映画は日本で劇場公開されることはなく、日本のファンが見るのは難しい状況でしたが、この度彼が亡くなったことを機にVimeoで公開になりました。日本語字幕はないものの、レンタルあるいはダウンロード販売で見ることができます。

Syl Johnson: Any Way The Wind Blows (Vimeo)
https://vimeo.com/ondemand/syljohnsonmovie

本人の語りも面白いですが、ラッパーたちや家族を含む周辺の人たちの証言にも興味深い内容が多く、見ごたえがあります。



シルは1997年の来日時にインタビューをさせてもらいました。ステージでのキャラそのまま、とにかく熱い人でした。ソウルとブルースをまたいで活躍した自分の音楽性のこと、レーベルへの不満、彼の曲をサンプリングをしたラッパーたちのこと、言いたいことが怒涛のように噴き出すインタビューでした。揚げ句の果てには歌いだす。あの熱さは最後の来日となった2014年のフジロック、ビルボードライブ公演でも衰えることななかったです。常にエンジン全開なシルでした。

因みに僕が行ったインタビューはブルース&ソウル・レコーズ誌 No. 20に掲載されています。もう編集部にもバックナンバーの在庫はないですが、機会があれば是非チェックしてみてください。記事を書いた僕が言うのもなんですが、とても面白いです。

blues & soul records (ブルース & ソウル・レコーズ) 1998年 04月号 No. 20
https://www.amazon.co.jp/dp/B006CA6SQM

存在感絶大だった彼がいなくなり、寂しくなってしまいます。RIP。

---

【シル・ジョンソン関連の書き込み】
フジロックにブルース&ソウル3人衆が! (2014/2/28)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1502.html

シル・ジョンソン東京公演決定 (2014/3/23)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1506.html

訃報: Mabon "Teenie" Hodges 1946-2014 (2014/6/24)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1542.html

フジロック・レポート:SOUL MUSIC LEGENDS (2014/8/8)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1554.html

パークタワー・ブルース・フェスティバルを振り返る (2017/12/13)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1763.html
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ