2008/11/27

来日ついでのキャロルネタ  音楽全般

キャロル・キング来日公演ついでに、ひとつキャロルのネタを書いてみます。
「タペストリー」収録の"Where You Lead"という曲の歌詞についてです。ご存知の人も多いでしょうが、来日公演で歌われたこの曲の歌詞は、オリジナル・バージョンと違っています。

ライブ時の本人コメントによると、歌詞の内容が自分の感覚に合わないので長らく歌っていなかったんだそうです。男性に献身的に付いて行く女性の気持ちを歌っているのですが、女性が自由を謳歌している今日にそぐわないということでした。

でも、キャロルはこの曲を共作したトニ・スターンに了承を得て歌詞の一部を変更し、再び歌うようになったのだとか。

このことは「The Living Room Tour」のライナーにも書いてありますが、じゃあどこがどう変わったんだろうと気になりつつも、今まで比べたことがありませんでした。

先日やっと比べてみました。それほど大きくは変わっていないのですが、献身的な内容の歌詞2箇所が対等関係を歌う内容になっています。

原曲のよさを損なわない程度に手を加えたということでしょうね。なるほど、と思いました。
歌詞を書き出し、翻訳してみました。( )の部分が変更された歌詞です。

---

WHERE YOU LEAD (Carole King/Toni Stern)
Wanting you the way I do
I only want to be with you
 (→ I know we're gonna make it through)
And I will go to the ends of the earth,
'Cause darling, to me that's what you're worth

Where you lead I will follow
Anywhere that you tell me to
If you need me to be with you
I will follow where you lead

If you're out on the road
Feelin' lonely and so cold
All you have to do is call my name
And I'll be there on the next train

I always wanted a real home
With flowers on the window sill
But if you wanna live in New York City
Honey you know I will

I never thought I could get satisfaction from just one man
But if anyone can keep me happy, you're the one who can
 (→You never know how it's all gonna turn out, but that's ok
  Just as long as we're together, we can find a way)


(c) 1971 ColGems-EMI Music, Inc. (ASCAP)
---
(和訳)
私のあなたに対する思いは
あなたと一緒にいたいということだけ
 (→一緒にいれば苦難も乗り越えられるということ)
私は地の果てへだって行くわ
あなたは私にとってそれだけ大切な存在だから

あなたが導いてくれるところはどこへだって付いていく
あなたが私を必要とするのなら、私は付いていくわ

あなたが旅に出て淋しい気持ちでいるのなら
私を呼んでくれれば、次の電車に乗って駆けつけるわ

私は窓に花が飾ってあるような本当の家庭がほしいと思っていた
でも、もしあなたがニューヨークに住みたいのならば
私もそうするわ

たった一人の男性から充足感を得られるとは思っていなかったけど
私を幸せな気持ちにさせてくれるのは、あなたなの
 (→どういう結末になるかはわからないけど、大丈夫
  二人が一緒に居さえすれば、道は見えてくるわ)

---

※「もしあなたがニューヨークに住みたいのならば」の部分は東京公演では「東京に」に変えられていましたね。

キャロルは、"Sweet Seasons"も、ライブでは歌詞を変更していましたね。さり気に臨機応変なのかも。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ