2021/5/28

オリンピック反対は非論理的なのか?  

東京オリンピック開催を支持する人たちの意見でよく聞くのは、反対している人は感情的になっていて論理的思考が停止しているという主張です。

そうでしょうか?確かに、この期に及んでも何が何でも強行しようという関係者の態度、発言を見るとなかなか冷静ではいられません。でも、論理を無視しているのはむしろ現状を直視しない開催論者の方でしょう。開催予定日まで2ヶ月を切っても、コロナ変異株は広がり、緊急事態を宣言する地域も広がっている現状。確かにワクチンの接種は少しずつ進んできてはいますが、まだまだ行き渡るには程遠い。仮に7月までに行き渡ったとしても、それを以て感染が収束するわけではありません。

東京都では変異株は危険だからと三密どころか二密、一密も避けろ、酒の提供はならぬ、守らない店は過料を科すと脅す。東京の地元民にはそんな苦難を強いる一方で、10万人もの大会関係者をあらゆる国々から呼ぼうとしている。彼らは基本的に外を出歩くのはご法度なので、経済的波及効果は限定的。しかし当然それだけの人が来れば、新たな感染源を持ち込む危険性は充分にあります。PCR検査は完璧ではないのですから。行動制限を守らない人も出るでしょう。10万人もの人の行動を管理しきれるとは思えません。

関係者や開催論者たちは、論理的に安心安全な大会は可能と胸を張ります。でもね、前例がない事態ですから、そんなのは机上の空論なんですよ。現に「短期集中的に感染を抑え込む」として政府が臨んだ3回目の緊急事態宣言だって、充分な効果は上がっていません。もし感染爆発が起きてしまったら責任取れますか?原発を安全だと言って無責任に推進して来た人たちと同じ論理ですよ。

危険性をゼロにすることなんかできない、それはわかっていますが、今はオリンピックをやるには危険性が依然高すぎる、それは状況が何よりも明確に物語っているのではないですか?

百歩譲って「反対派は感情的になっている」との主張に同意したとしても、いまやその反対派は日本の人々の過半数です。地元民に歓迎されないオリンピックなんてやる意味がありますか?地元民の大多数から「是非やってほしい」と熱望されてこそこういう大イベントは成り立つのではないのですか?

人々に希望と勇気を与えるために必要?ちゃんちゃらおかしいです。
今やオリンピックは人々の不安と怒りの種となってしまっています。

希望と勇気を与えるのならば、すぐにオリンピックの中止を宣言して、コロナ収束のために資源を集中させてください。
東京都と日本政府がやるべきことはそこでしょう。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ