2021/3/14

アリサ・フランクリンの幻の映画、遂に公開  R&B/ソウル

クリックすると元のサイズで表示します

アリサ・フランクリンが1972年、ロサンゼルスの教会で行ったゴスペル・コンサートを記録した映画「アメイジング・グレイス」が49年の歳月を経て、遂に日本で劇場で公開になります。

このコンサートは、当時2枚組のLPとしてアトランティック・レコードからリリースされ、ダブル・プラチナ・ディスクを獲得するヒットとなりました。このレコードはグラミー賞も受賞しており、いまだ最も売れたゴスペルのライヴ・アルバムと言われています。

当初は、映画も1972年に公開する予定で巨匠、シドニー・ポラックの監督の下で撮影が行われましたが、お蔵入りになってしまいました。というのも、ポラックは映像と音声の同期に必須なカチンコを使うのを忘れてしまい、技術的問題から映画が完成することはなかったのです。

その後2007年になり、元アトランティックのプロデューサー、アラン・エリオットがこのフィルムをワーナー・ブラザーズから買い取り、最新のデジタル技術を駆使した映画の完成に向けて動き出しました。

そして遂に同期に成功し、2011年に一度は公開に向けて動き出したものの、当初のお蔵入りの扱いに不満を抱いていたアリサ本人から差し止めの訴訟を起こされ、公開できない状況に。アリサは、出来上がった映画は見て出来上がりには満足していたものの、法的な問題が残っていると主張し、遂に生前、公開を承諾することはありませんでした。

そんな状況が変わったのは皮肉にも2018年、アリサが膵臓ガンのため他界したことがきっかけでした。アリサの遺族と映画会社の交渉がまとまり、同年11月、ニューヨーク・ドキュメンタリー映画祭などで限定的に初公開されました。そして翌年4月、欧米各地で公開となったのです。

通常のコンサートとは異なる、教会という独特な雰囲気の中でのコンサートは、1972年1月12日、13日の2日間に渡り行われました。場所は、ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会。あのゴスペル界を代表するシンガー、ジェイムズ・クリーヴランドの教会で、黒人層が多く住むサウスセントラル地区に位置しています。バンドにはバーナード・パーディ(ds.)、コーネル・デュプリー(gt.)、チャック・レイニー(b.)といった強力なメンツに加え、教会のクワイアーも参加し、信者を前にまさに圧巻というにふさわしいパフォーマンスをします。

アルバムで音に慣れ親しんでいた人も、映像で見る迫力に心を揺さぶられるはずです。

ジェイムズ・クリーヴランドとの共演、クララ・ウォードやアリサの父、C.L.フランクリンの登場など、見どころ満載の90分。コンサート2日目には観客の中にミック・ジャガーとチャーリー・ワッツの姿も。

僕は2019年に国際線の機内上映で初めて見る機会を得ました。その際、オンデマンドであることをいいことに、興奮して立て続けに繰り返し見てしまったのを覚えています。やっと、大きな画面でこの迫力を味わえるかと思うと今からワクワクします。

映画の中で、ジェイムズ・クリーヴランドは、このようなコンサートが実現したことを「夢が叶った」とコメントしています。日本の音楽ファンにとっては、大袈裟に言えば、この幻の映画が49年の歳月を経て劇場公開になることこそ、夢が叶ったといえるのではないでしょうか。

公開は、5月28日(金)から随時全国のシネマで。お見逃しなく!



----

映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』
撮影:シドニー・ポラック(『愛と哀しみの果て』)
映画化プロデューサー:アラン・エリオット
出演:アレサ・フランクリン
   ジェームズ・クリーブランド
   コーネル・デュプリー(ギター)
   チャック・レイニー(ベース)
   ケニー・ルーパー(オルガン)
   パンチョ・モラレス(パーカッション)
   バーナード・パーディー(ドラム)
   アレキサンダー・ハミルトン(聖歌隊指揮)、他
原題:Amazing Grace/2018/アメリカ/英語/カラー/90分/
字幕翻訳:風間綾平
2018©Amazing Grace Movie LLC
配給:ギャガ GAGA★ 
公式サイト:http://gaga.ne.jp/amazing-grace/
5月28日(金) Bunkamuraル・シネマ他全国公開

----

映画の公開に合わせて、「Amazing Grace」のアルバムもコンプリート・エディションという形で出し直されています。大幅に収録曲が増えています。日本盤の発売は5月12日予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ