2020/6/29

BLUES & SOUL RECORDS 154号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

もう6月も終わりですね。ということは、2020年も後半に入るということ。早いですね。

で、6月25日発売のブルース& ソウル・レコーズ154 号は、前号に引き続きサム・クックが巻頭特集です。今回は1960年にRCAと契約した後のキャリア後期が取り上げられています。前号同様、LPレコードはもちろん、シングル盤もカラー写真入りで取り上げたディスコグラフィーは見ているだけで楽しいですよ。サムが設立したSARレコードについても取り上げています。

付録CDは、ワーナーミュージック制作で、アレサ・フランクリンをはじめ、ウィルソン・ピケット、ソロモン・バークなど、サムの遺産を受け継いだR&Bシンガーたちを収録しています。

僕は、ニュージーランドのブルースマン、マイク・ガーナーの新譜「Don’t Mind The Rain」の紹介をしました。ゲストLee Kanehira、菊田俊介のプレイを日本でレコーディングしており、非常にいい内容になっています。また、いつも通り海外ニュースコーナーも書いています。この2ヶ月間、大物の訃報が続きました。リトル・リチャード、ラッキー・ピーターソン、ベティー・ライトについては次号で追悼特集が組まれる予定です。

特集記事は予定通り掲載されていますが、4月以降ライヴ関係が全くない状況になってしまいましたので、ライヴのニュースなどは殆どないのが寂しいですね。早く以前の状況に戻れますように。



BLUES & SOUL RECORDS NO. 154
2020年6月25日発売
定価: 1,800円+税
https://bsrmag.com/magazine/bsr154/

2号連続特集の第2弾。1960年に大手RCAヴィクターに移籍し、揺るぎないスターとなったサム・クック。〈ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム〉〈ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー〉などの名曲を次々と生み、ハーレム・スクエア・クラブでの壮絶ライヴが記録されたキャリア後期に迫ります。

★ 永遠に消えないソウル サム・クック・ストーリー Part 2
★ サム・クックのアルバム [RCAヴィクター編]
★ サム・クックのCD 重要編集盤
★ サム・クックのシングル [RCAヴィクター/SAR編]
★ 〈チェンジ〉に込めたメッセージ〜“A Change Is Gonna Come”を聴く
★ 攻めのステージと帰れる場所〜二枚のライヴ・アルバム『アット・ザ・コパ』と『ハーレム・スクエア・クラブ』
★ サム・クックのシングル・スリーヴ・コレクション
★ サー/ダービー・レコード〜サムのアイディア実現工場に集った仲間たち[ソウル・スターラーズ/ヴァレンティノズ/L.C.クック/ビリー・プレストン/シムズ・ツインズ/ジョニー・モリセット]
★ サム・クックに捧げたアルバム〜トリビュート・アルバム9選
★ サム・クック人気曲のカヴァーあれこれ
★ サム・クックを読む・観る・知る〜書籍/DVD紹介
★ スターを追った“クック系”シンガーたち

【付録CD】We Can’t Believe You’re Gone: The Legacy Of Sam Cooke
サム・クックの人気曲をアリサ・フランクリン、オーティス・レディング、ウィルスン・ピケットら名シンガーが歌う! サムの遺産を受け継いだ“クック系”シンガーたちも収録。

1. ARETHA FRANKLIN: You Send Me
2. ARTHUR CONLEY: Rome (Wasn't Built In A Day)
3. R.B. GREAVES: Ain't That Good News
4. OTIS REDDING: Wonderful World
5. WILSON PICKETT: Bring It On Home To Me
6. SOLOMON BURKE: Got To Get You Off My Mind
7. HOAGY LANDS: Baby Let Me Hold Your Hand
8. BETTY WRIGHT: I'm Thankful
9. BOBBY HARRIS: We Can't Believe You're Gone
10. ROY REDMOND: A Change Is Gonna Come
(協力 ワーナー・ミュージック・ジャパン)

【その他の主な記事】

● 映画『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』
● 書評『ハリー・スミスは語る』
● 追悼 ビル・ウィザーズ〜アルバム・ガイド
● 追悼 ハミルトン・ボハノン
● 注目作をじっくり鑑賞する─「語りたい逸品」コーナー
 *DVD+CD 『SEARCHING FOR SECRET HEROES』〜サム・チャーターズが遺した幻のブルース・フィルム
●[新作アルバム・リヴュー]リンゼイ・アレグザンダー/ジョン・プライマー&ボブ・コリトア/スワンプ・ドッグ 他

【連載】

☆ 永井ホトケ隆 好評連載「Fool’s Paradise」第2回
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ フード・フォー・リアル・ライフ 〜歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「LITTLE BROTHER MONTGOMERY」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.83 「Apache」
☆ ゴスペル・トレイン「シスター・O・M・テレル」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.230/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント/来日公演情報ほか
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ