2020/6/13

ジョニー・バーギンの新譜で日本のブルースシーンが世界にはばたく  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Johnny Burgin & Special Guests / No Border Blues

大げさな言い方のようですが、ある意味このアルバムは革命的な作品だと思います。

長年シカゴで活躍したブルース・ギタリスト、ジョニー・バーギンの新譜。実際聴くまでは、ここまで日本のミュージシャンが大々的にフィーチャーされているとは思いもよりませんでした。これは実質的にはジョニーのソロ作品というより、彼と日本のミュージシャン達の作品と言っていいと思います。随所に楽器でフィーチャーされているのはもちろん、リード・ヴォーカルも半分以上は日本のミュージシャンたちが取っています。

それがアメリカでも最も歴史のあるブルース&ジャズ・レーベルのデルマークからリリースとなったのですからこれは大事件です。

日本で初めてブルース・ブームに火がついて半世紀近く。その間数多くのブルース・ミュージシャンたちが日本のシーンを盛り立ててきました。その中には渡米して活躍する人もいましたが、このように日本のブルース・シーンの一角をそのまま切り取るような形で、米国盤CDが出るのは初めてのことではないしょうか。

僕は、先日デルマークの担当者に感想を送りました。
「これは正直言って驚きました。日本のブルース・クラブで聴くサウンドそのもの。アメリカのリリースじゃないみたい。アメリカのファンにこのサウンドが受け入れられるのか非常に興味があります」と。

僕はすげーなと思ったので、率直にそれを伝えたつもりでしたが、彼は僕があまり気に入ってないと取ったらしいです。

すると、このアルバムのプロデューサーでジョニーの奥さんでもあるステファニー・タイスさんにそれが伝わり、彼女から「気に入ってくれなくて残念」というメールが届きました。

いやいやいや、違うんだよ、ステファニー。これは凄いことだと思うよ、本当に。彼女は、レコーディングする随分前からこのプロジェクトに相当力を入れていたので、相当リスナーの反応を気にかけていたのでしょう。

参加した面々は、いつものノリノリなプレイをのびのびとやっている感じです。Lee、大野木一彦ペアでハモるBなんかすごくいい雰囲気だし、Kotezなんかリトル・ウォルターの名曲を日本語で歌っちゃってます。ジョニーは5曲で歌いますが、「俺が俺が」ではなく、あくまでもバンドの一員という感じですね。楽しそうなセッションです。

本当はジョニーはこのアルバムを引っ提げて5月に来日し、ここで共演した人たちとも一緒にプレイする予定でした。コロナのせいで流れてしまい、出鼻をくじかれたのは残念ですが、ツアーは中止ではなく延期です。近いうちにきっと実現するでしょう。

本作は、日本では米国に先駆けPヴァイン・レコードより4月22日に発売となりました。そしていよいよデルマークからの米国盤が6月19日にリリースとなります。向こうでどのような反応があるか楽しみですね。

Johnny Burgin & Special Guests – No Border Blues
ジョニー・バーギン / ブルースに国境はない
(US: Delmark DE863/JP: P-Vine PCD-24937)

1. One Day You're Gonna Get Lucky (Carry Bell Harrington)
2. Sunnyland (James/Josea)
3. So Crazy About You (Tampa Red)
4. Hurry Up Baby (Johnny Burgin)
5. Pumpkin's Boogie (Kanehira/Kunze)
6. I Just Keep Loving Her (Mada Sukinanda) (Walter Jacobs)
7. Rattlesnake (John Brim)
8. Old School Player (Johnny Burgin)
9. Two Telephones (Bridge/Redd/Thompson)
10. Samurai Harp Attack (Onishi/Nogio/Kotez)
11. Sweet Home Osaka (Robert Johnson)

[参加ミュージシャン]
KOTEZ(hca, vo)、Lee Kanehira(p, vo)、NACOMI(vo)、大野木一彦(hca, vo)、Zee(b)、ヨシ水野(g)、平田よしみ(b)、アイパー大西(hca, vo)、鈴木暖(ds)、TAKAGIMAN(ds)
11



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ