2020/3/29

ブルース百歌一望  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

日暮泰文さんの新著「ブルース百歌一望」が届きました。日暮さんと言えば、ブルースインターアクションズ/Pヴァインレーベルを創立した日本のブルースシーンの草分け的存在。もう、P ヴァインから身を引かれて久しいですが、Pヴァイン下の雑誌/ブランドele-kingからのリリースです。

ブルースの曲を100曲(実際は101曲あります)取り上げ、その曲にまつわることを日暮さんが語ります。400ページ近い分厚めの本ですが、1曲あたり2〜4ページ程度で完結しているので、時間を見つけてちょこちょこ読めます。読む順番も自由でよさそう。

データ重視のディスクガイド的なものではなく、日暮さんはエッセー調にその演奏者のことを始め、歌詞の内容や曲がリリースされた当時の時代背景などについて、自分の切り口で綴っています。取り上げられているのは有名曲もありますが、必ずしもそういうものばかりではなく、日暮さんが個人的に好きなものやネタにできそうなものをランダムに選んでいるようです。時代的には戦前ものから1960年代くらいまでの作品が殆どでしょうかね。

日暮さんといえば、Pヴァインを立ち上げた際の起業家視点で書かれた「のめりこみ音楽起業 〜孤高のインディペンデント起業、Pヴァイン創業者のメモワール」も興味深かったですが、それとは全く異なるブルース好きの視点で書かれています。

肩凝ることなく、のんびり楽しめそうな一冊です。

----

著名:ブルース百歌一望
著者:日暮泰文
本体 2,500円+税
2020/3/25発売
単行本:380ページ
ISBN:978-4-909483-51-5
発行:株式会社Pヴァイン (ele-king books)
発売:日販アイ・ピー・エス株式会社
http://www.ele-king.net/books/007480/

取り上げた楽曲のリスト
http://bluesginza.web.fc2.com/Blues100_songs.pdf

発行元キャッチコピー
「こんな不条理な時代は、
人生の不条理から生まれた素晴らしい音楽を聴け!
ブルース研究の草分けが書き下ろす
極上のブルース・プレイリスト100曲100話の物語」

[4/1/2020追記]
「時代的には戦前ものから1960年代くらいまでの作品が殆ど」と書きましたが、2015年リリースのシャーウッド・フレミングの曲も取り上げており、1997年のT-モデル・フォードなど1970年代以降の曲もいくつか取り上げてはいます。
巻末に曲名の索引はあるのですが、そこには年代は記載されていません。個々のエッセーの冒頭にリリース年が記されています。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ