2020/3/27

追悼ヘンリー・グレイ 1925-2020  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Henry Gray at Ponderosa Stomp, 2008
(c)Photo by Masahiro Sumori.

ハウリン・ウルフのバンドで活躍したブルース・ピアニスト、ヘンリー・グレイが亡くなってしまいました。95歳でした。2019年10月に彼がラファイエットの自宅でホスピス・ケアを受けていることが伝えられていましたので、驚きはないのですが、高齢とは言え残念です。安らかに休んでください。

まぁ、でもペースは落ちていたのかも知れませんが、2019年に入ってもまだまだステージに立っていましたからね。90歳のときに来日までしていますから。すごいことですよ。90歳になるまで生存するだけでも大したものだと思うんですが。

まだまだこれからも現役続行しそうな雰囲気もあったので、昨年突如「ホスピス」という言葉が出てきたときには言葉を失いました。でも、そりゃ人間ですから老化は避けようがないですよね。

2015年の来日が決定した際にバイオを書きましたので、もう一度同じ内容は繰り返しません。下にリンクがありますので、そちらをどうぞ。その来日のあと2017年には新作も出しているんですよね。そのときの年齢をズバリ冠した「92」というタイトルで、なかなかいいんですよ。これ聴く限りではまだまだイケる感じがしちゃいます。

クリックすると元のサイズで表示します
「92」(2017)


なお、4月25日発売のブルース&ソウル・レコーズ誌には僕の書いたヘンリー・グレイ追悼の記事が掲載される予定です。まだ少し先の話ですが、もしよろしければ見て下さいね。

---

【過去のブログ書き込み】
ヘンリー・グレイのバイオ
https://black.ap.teacup.com/sumori/1637.html

2015年来日公演日程情報
https://black.ap.teacup.com/sumori/1605.html

今年のフジロックでハウリン・ウルフ・トリビュート・ショウが (2015/3/10)
(2015年来日決定第一報)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1603.html

2015年東京公演レポート (2015/8/18)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1641.html

---

【映像で見るHenry Gray】
Lynwood Slim, Kid Ramosとの共演 (2006)

うわわ、この組み合わせ、豪華ですね。最高ですね。

パリ公演 (2003)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ