2020/3/3

追悼Robert Parker, 1930-2020  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します
Robert Parker at New Orleans Jazz & Heritage Festival
May 2, 1997, (c)Photo by Masahiro Sumori.

"Barefootin'"(1966年)のヒットで知られるニューオーリンズのシンガー/サックス奏者、ロバート・パーカーが2020年1月19日、亡くなりました。89歳でした。死因は明らかになっていませんが、ルイジアナ州ローズランドの自宅で息を引き取ったそうです。

歌声は迫力こそ欠けるところはありましたが、当時の多くのニューオーリンズの歌い手がそうだったように愛嬌のある美声を持ち味とし、思い切りファンキーなサウンドを展開した人でした。

1930年10月14日、ニューオーリンズ生まれ。1949年にプロフェッサー・ロングヘアの"Mardi Gras In New Orleans"でサックスをプレイしたのを皮切りに、1950年代にはファッツ・ドミノやアーニー・ケイドー、ファッツ・ドミノ、ヒューイ・スミスなど、当時のR&Bの大スターたちのレコーディングに参加。セッション・プレイヤーとして大いに活躍しました。

50年代後半になるとソロ・アーティストしても活動を開始します。1958年にソロ・デビュー作となるシングル"June Teen/Lawdy Miss Clawdy"をエイス・レーベルからリリース。翌1959年にはロンからリリースしたインスト・ナンバー"All Night Long (Pts. 1-2)"がローカル・ヒットとなりました。



その後も何枚かシングルをリリースしていますが、彼の名を広く知らしめたのはプロデューサーとして名高かったワーデル・ケゼア(ケゼルグ)が興したレーベル、ノーラ(NOLA)での活躍でした。1965年に同レーベルと契約した彼はケゼアのアレンジとプロデュースの下、20曲あまりをレコーディング。1966年から1967年にかけて10枚のシングルがリリースとなったのでした。



第一弾シングル"Barefootin'"はビルボードのR&Bチャート2位を記録する大ヒットとなりました。この曲のヒットにより彼は引っ張りだことなり、全米ツアーだけでなく英国公演も行いました。その後"Barefootin'"はウィルソン・ピケット、ルーファス・トーマスを始め、ブラウンズヴィル・ステーション、ジョニー・ウィンター、ジミー・バフェットなどジャンルを超えて多くの人にカバーされています。

1970年代以降パーカーはレコーディングをするのは止めてしまいましたが、ニューオーリンズのジャズフェスを始め、地元ルイジアナでのライヴ活動は時折行ってきたようです。僕も20年以上前ですが、一度だけジャズフェスで彼の歌うのを見たことがあります。

そんな彼もここ数年はライヴ活動は行っていなかったようで、寄る年波には勝てなかったのかも知れません。

1966年にNOLAからリリースとなったLP「Barefootin'」は、パーカーのオリジナル・アルバムとしては唯一の作品で、同レーベルの楽曲12曲を収録しています。素足の足跡をあしらったジャケットがいかしていますよね。

クリックすると元のサイズで表示します
Barefootin' (Nola LP 1001)

因みに"Barefootin'"という曲が生まれたきっかけは彼がまだソロ・デビューする前の1957年、彼のバンド、ロイヤルズがジミー・リードやサム・クックらのサポートでアラバマでライヴをやった際の出来事にヒントを得たのだそうです。そのコンサートで観客の女性たちが靴を脱ぎ捨て、ステージ前に積み上げて踊りだしたのでした。

その後、クリス・ケナーとライヴをやったとき、ケナーが客に対して「皆立ってくれよ。座っていられると不安になるからさ」とMCをしたのを耳にし、その言葉を頂きつつ、アラバマの観客の女性達のことを思い出しながら、曲を書き上げたという訳です。

自由奔放に踊りだしたくなる名曲はそんな経験から生まれたんですね。

ちょっと時間が空いてしまいましたが、ご冥福をお祈りします。ニューオーリンズR&Bの全盛期を知る人がまた一人この世を去ってしまい、寂しい限りです。

Robert Parker - Nola Single Discography (1966-1967)
Nola 721 - Barefootin' / Let's Go Baby (Where The Action Is), 1966
Nola 724 - Ring Around The Roses / She's Coming Home, 1966
Nola 726 - Happy Feet / The Scratch, 1966
Nola 729 - Tip Toe / Soul Kind Of Loving 1966
Nola 730 - C. C. Rider / Letter To Santa 1966
Nola 733 - Yak Yak Yak / Secret Service (Makes Me Nervous) 1967
Nola 735 - Everybody's Hip Huggin / Foxy Mama, 1967
Nola 738 - Holdin' Out / I Caught You In A Lie, 1967
Nola 739 - Soul Sister / Barefootin' Boogaloo, 1967
Nola 742 - Funky Soul Train / Robert & W.Q's Train, 1967

上記20曲に未発表曲4曲を付けた形で、以下のCDがリリースされています。
Robert Parker / The Wardell Quezerque Sessions (1966-1967) (Night Train International NTI CD 7107), 2002年
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ