2019/11/21

ジャズ・トランペッター、チェット・ベイカーの映画公開  音楽全般


クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ・トランぺッター/歌手のチェット・ベイカーを題材にした映画「マイ・フーリッシュ・ハート(原題:My Foolish Heart)」が11月8日より日本公開となっています。

近年ミュージシャンの伝記映画は多いのですが、この作品はそういう中でもちょっと異色な部類に入るかも知れません。チェットのキャリアを追う内容とはなっていません。もちろん演奏シーンはありますが、特段音楽映画という感じでもないです。舞台は彼が後年を過ごしたアムステルダム。1988年に謎多き事故死を遂げるシーンから始まり、そこに至るまでの晩年の日々の彼の心理描写、彼周辺の人間模様が中心となっています。麻薬に溺れ、恋人と別れ、精神的に追い詰められていく様を描き出しています。

ここまで切り込むと実際のところ、彼の考えていたこと、感じていたことはどうだったのか、それは本人しかわからないはずで、チェットを題材にした創作の人間ドラマと言った方がいいかも知れません。映画としては「実際の出来事から着想を得たフィクション」であるとのことです。でも、チェットは実名で出てきますし、史実的な部分はそのまま表現されています。

正直言って非常に暗いですが、心の奥底をえぐり取られるような迫力を感じる作品です。チェット・ベイカーという天才の音楽について、今一度考えるいい機会となる映画だと思います。
11月8日より東京で公開され、その後日本各地で上映される予定とのことです。

監督のロルフ・ヴァン・アイクはオランダのテレビ映画などを中心に活躍している監督・脚本家で、長編劇場映画はこれがデビュー作となるそうです。またチェットを演じるのはアイルランドのロック・バンド、The Wallsのヴォーカルを務めるスティーヴ・ウォール。トランペットはこの映画の役が決まるまで吹いたことがなかったそうですが、見事に孤高の天才トランペッターの役になりきっています。

----

映画予告編



[ストーリー]
1988年5月13日、金曜日の未明。ひとりの男がオランダ・アムステルダムのホテルの窓から転落した。いち早く現場に駆けつけた地元の刑事ルーカス(ハイス・ナバー)は、うつ伏せの状態で頭部から血を流している遺体を確認すると、その男が落ちた2階の窓辺に謎めいた人影を目撃する。しかし殺風景な部屋の内部には誰もおらず、机にはドラッグ用の注射器などが散乱し、床にはトランペットが転がっていた。
一時帰宅したルーカスが目覚めると、ラジオが意外な人物の訃報を伝えていた。チェット・ベイカー、享年58歳。伝説的なトランペット奏者である彼が、なぜアムステルダムの場末のホテルで転落死したのか。投身自殺なのか、それとも何者かが関与した事件なのか。すぐさま捜査を開始したルーカスは、最初にチェットのマネージャー役を務めていたピーター(ティボー・ヴァンデンボーア)を訪ねる。ピーターの証言によれば、チェットは数日前のレコーディングの際に「アイ・キープ・ユー・クロース・トゥー・ミー」を心地よさそうに演奏し、最後のライブでは苦しげな様子で「マイ・フーリッシュ・ハート」を歌ったという。さらにピーターは「ここ数日、彼は魂を失っていた。巨大な暗い虚無感にむさぼり食われたかのように」と、ルーカスに言い伝えた。
次にルーカスが訪ねたのは、フィールグッド医師(アルヤン・エーダーフィーン)だった。ごく最近、ひどい体調で転がり込んできたチェットを手当てしてやったと語るフィールグッドは、彼と親密な仲だったらしい。そしてルーカスは、チェットにはサラ(リンゼイ・ボーチャンプ)という最愛の女性が存在していた事実を聞き出すが・・・。

監督/脚本:ロルフ・ヴァン・アイク
出演:スティーヴ・ウォール、ハイス・ナバー、レイモンド・ティリー
2018年/オランダ
(c)2018 (Pupkin) - VPRO
配給:ブロードメディア・スタジオ
宣伝:ポイントセット
11月8日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
公式サイト:http://my-foolish-heart.com/

※画像とストーリーのテキストは公式サイトより転載しました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ