2019/10/14

都内ボウリング場がルイジアナに変わった夜  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します

ボウリング場をライヴハウスにしてしまおうという、なんとも突飛なことを思いついたのは、ジョン・ブランチャーという人でした。彼がニューオーリンズの古いボウリング場、Mid City Lanesを買い取り、Rock n’ Bowlというライヴハウスにしてしまったのが1989年のこと。夜な夜なルイジアナの音楽とボウリングが繰り広げられる世にも不思議なこのハコは、いまやルイジアナ南西部のラファイエットにも支店を作ってしまうほど繁盛し、すっかり定着しています。

クリックすると元のサイズで表示します
Madame Hiromi & Hee Haw Woo Boys

しかし、そんなのはルイジアナだけ?いやいやいや。これを日本でもやってしまおうと考える無謀な人がいました。新橋の地下室でマニアックなバーを経営するオヤジ、アラテツさんが一晩限りではありますが、それを本当に実現したのでした。9月28日(土)、会場は老舗のボウリング場、笹塚ボウルです。

クリックすると元のサイズで表示します
Los Royal Flames with Wada Mambo (gt.)

そこに、日本で唯一のザディコ・バンド、Zydeco Kicks、更にマニアックなスワンプポップ・デュオのLos Royal Flames(通称ロスロイ)、ケイジャン・ユニットのHee Haw Woo Boys、そしてご機嫌なR&B、ロックンロールをプレイするロッキン・エノッキー率いるRockin’ Baritonesというルイジアナっぽさ満載のラインアップを用意。ボウリング・レーンのど真ん中にステージをセットアップして、ライヴ鑑賞とボウリング両方ができる環境を整えました。

クリックすると元のサイズで表示します
Zydeco Kicks

笹塚ボウルはニューオーリンズのロックンボウルとは全然レイアウトも雰囲気も違うんですが、ここにルイジアナっぽいライヴ演奏が響き渡るとあーら不思議。なんと、なんと。結構本場のロックンボウルそのままな雰囲気が出来上がっていたのです。しかも、休憩時間には2人のDJが回すレコードがますます雰囲気を盛り上げてくれますし、Hello Old Timerさんのブースでガンボをいただくこともできるんです。もう完璧じゃないですか?

クリックすると元のサイズで表示します
Hello Old Timerのガンボで腹ごしらえ

曲の合間に響き渡るボウリングの「カコーン!」という音もまさにロックンボウル。いやぁ、やっちゃいましたね、アラテツさん。最高ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
Rockin' Baritones

「全然採算なんか取れるわけがない」と、はなから儲けようという姿勢が全くみられない主催のオヤジでしたが、なんと!来場者数は100人の大台を超えたそうです。最大400人くらいは入る会場だそうですが、結構賑わっていましたよ。というより、まあ僕も含めてですが、あそこにいる人、皆めちゃ盛り上がっていましたし、心底楽しんでしたと思います。規模は小さいかもしれないけど、快挙ですよ、これ。

まぁ、採算ベースに乗せるのは難しいかもしれないですが、これはまたやりたいですねー。なんだったらクラウド・ファンディングでもやっちゃいましょうか。

余談ですが、この日プレイしたZydeco Kicksのヨシタケ、ロスロイのCount D.、Hee HawのMadame Hiromiら主要メンバー(?)は、この後本場ラファイエットに乗り込み、ほんまもんのロックンボウルでこの続きをやりましたとさ。それもすごい!

Zydeco Kicksで盛り上がる!


【イベント詳細】
https://black.ap.teacup.com/sumori/1859.html

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
当日の進行表。実際この通りに進行したかは
確認していないです(笑)。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ