2019/8/29

訃報:Donnie Fritts 1942-2019  R&B/ソウル


2009年の来日時、タワーレコードにて
(Frittsは左側)
Photo by Masahiro Sumori. All rights reserved.

アラバマのシンガー/キーボード奏者/ソングライターのドニ―・フリッツが8月27日夜、就寝中に亡くなりました。76歳。5月15日に心臓手術を受け、以後数週間に渡って入院生活を送っていたそうです。死因は心臓手術の合併症とされています。

今年4月にロブ・ガルブレイスとの組合せの来日公演が決定していましたが、直前になってドニ―の体調不良との理由でキャンセルになりました。その際ロブからのコメントこそあったもののドニ―からのコメントはなく、「振替公演も予定していない」とわざわざ発表され、嫌な予感はしておりました。

1942年11月8日、アラバマ州フローレンスに生まれたドニ―。1960年代よりマッスルショールズのフェイム・スタジオなどでセッション・プレイヤー、ソングライターとして活躍しました。

ドニ―と言えば、一般的にはソロ・アーティストよりはソングライターとして知られていると思います。彼の書いた曲にはレイ・チャールズ、ウェイロン・ジェニングスらが取り上げた"We Had It All"、チャーリー・リッチの"You're Gonna Love Yourself in The Morning"、ジョー・サイモンの"Easy To Love"などがあります。

またキーボード奏者としては、クリス・クリストーファソンのバンドで長年活動し、1975年にはクリストーファソンと初来日をしています。

ソロとしては、1974年にジェリー・ウェクスラー、クリス・クリストファーソンをプロデュースに迎え初のソロ作「Prone To Lean」をリリース。彼の暖かくかつファンキーな味が出た名作で、今でもこのアルバムを愛聴しているファンは少なくないはず。

2009年には、アラバマのオールスター的メンバーのデコイズを従えて来日。実に34年ぶりの来日で、その様子はライブ盤にも記録されました。

その後も新作を作っていたのですが、非常に残念です。

昨年(2018年)リリースのアーサー・アレクサンダーへのトリビュート作「June (A Tribute To Arthur Alexander)」でもいい味を出していましたが、これが遺作となってしまいました。RIP。

【過去の関連記事】
ドニー・フリッツ、久々の来日(中止)(2019/2/15)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1822.html

2009年来日公演レポート-渋谷タワー・レコード (2009/9/27)
https://black.ap.teacup.com/sumori/269.html

2009年来日公演レポート-渋谷 O-EAST (2009/9/28)
https://black.ap.teacup.com/sumori/270.html
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ