2019/3/19

アナログで蘇る50年代のチャンス音源  ブルース

J.B.ハットーとジョン“スクールボーイ”ポーターの1950年代のチャンス・レコード音源が、この度日本盤アナログ・ディスクとしてリリースされました。チャンス音源は権利上の問題から、これまで長らく正規盤のリリースがありませんでした。

それがこの度、社主アート・シェリダンとの直接契約により、オリジナル・アナログ・マスターテープ起こしのレコード化が実現したのです。これは快挙と言えるでしょう。

チャンス・レコード(Chance Records)は、1950年にレコード・プロデューサーのシェリダンによってシカゴに設立されたレーベルです。1954年までの短期間ながら、名門チェス・レコードと競い合うように活動をし、良質なブルース、R&B、ドゥー・ワップ、ジャズなどの作品をリリースしたことで知られています。

今回のレコード化は、最高の音質を実現するため、レコーディング当時使用されていたAmpex社製テープ・レコーダーでマスターテープを再生し音源を一旦デジタル化、その上でアナログ・レコードに記録しているそうです。パッケージは1950年前後に贅沢なメディアとしてレコード各社がリリースしていたジャケット付きの10インチ・レコード形式です。ジャケット・デザインは表も裏も当時の雰囲気を見事に再現しています。シングル盤ではなくいわゆるミニLPであり、片面に3?5曲が入っています。今回初めて陽の目を見る未発表テイクも入っているのは、正規盤ならではでしょう。

制作者側の徹底的な拘りを感じさせるリリースです。

実際に聴いてみると、60年以上前のレコーディングとは思えないほどクリアな迫力のある音が楽しめます。

ちょっと値段としてはお高めではありますが、LPより一回り小さいジャケットとレコード盤は手に取るだけでも楽しさいっぱいです。このリリースはもちろん限定版で、アナログ・レコードのみとなります。

スクールボーイ・ポーターの方は、今注目を集めるBloodest Saxophone(ブラサキ)のリーダー、甲田“ヤングコーン”伸太郎が選曲と楽曲解説をしています。これも要注目です。

肝心の音楽ですが、J.B.ハットーはこの音源がデビュー作になります。彼のトレードマーク的なスライド・ギターバリバリのスタイルは、まだここでは確立されていませんが、後年にはない瑞々しさに溢れています。

スクールボーイ・ポーターは当時のチャンスの看板スターで、重厚なブロウを聴かせるテナー・サックス奏者です。ブラサキ甲田も太鼓判を押す、音色の”エロさ”にもご注目を。

----

クリックすると元のサイズで表示します
J.B. Hutto and His Hawks
Things Are So Slow -The Legendary Chance Masters- (SPACE-701)
2019年3月9日発売
価格:2,700円(税抜)
※解説 ジム・オニール (リビング・ブルース・マガジン共同創設者)


SIDE ONE
1. Combination Boogie 2:15 [Chance 1155 C-5121-5]
2. Now She’s Gone 3:16 [Chance 1155 C-5120-6]
3. Lovin’ You (Great Lovin’) 2:31 [Chance 1160 C-5119-4]
4. Pet Cream Man 2:27 [Chance 1160 C-5118-2]
5. Price Of Love 3:00 [Chance unissued C-5152-6]

SIDE TWO
1. Things Are So Slow 3:45 [Unissued take of Chance 1165 C-5153-1]
2. Dim Lights 2:47 [Chance 1165 C-5154]
3. Mouth Harp Mambo [Instrumental] 5:35 [Chance unissued C-5156-3]

All songs written by J.B. Hutto, except “Things Are So Slow” by Huzzel

<Side One 2, 4, Side Two 2, 3>
Joseph Benjamin Hutto (vocals and guitar), George Mayweather (harmonica), Joe Custom (second guitar), Eddie Hines (washboard/drums)
Chicago, March 3, 1954

<Side One 1, 3, Side Two 1, 4>
Joseph Benjamin Hutto (vocals and guitar), George Mayweather (harmonica), Little Johnnie Jones (piano), Joe Custom (second guitar), Eddie Hines (washboard/drums)
Chicago, October 19, 1954


クリックすると元のサイズで表示します
John "Schoolboy" Porter
Blow Heavy -The Legendary Chance Masters- (SPACE-702)
2019年3月6日発売
価格:2,700円(税抜)
※選曲・解説 甲田“ヤングコーン”伸太郎(from Bloodest Saxophone)

SIDE ONE
1. Nevertheless (Kalmar-Roby) 2:59 [Chance 1104 U-5001-6] November 15, 1950
2. High Tide (J. Porter) 3:01 [Chance previously unissued U-5000-2] November 15, 1950
3. Junco Partner (Shad-Ellen) 2:46 [Chance 1119 U-2123-3] May 1, 1952
4. Josie Jones (featuring Johnny Sellers) (Sellers-Porter) 3:03 [Chance previously unissued take U-2129-1] May 1, 1952

SIDE TWO
1. Tojo's Boogie aka Rollin' Along (J. Porter) 2:46 [Chance 1114 U-1968-2] July 25, 1951
2. Stairway To The Stars (Signorelli-Melnick) 3:13 [Chance 1111 U-1967-5] July 25, 1951
3. Sentimental Journey (Brown-Homer) 2:43 [Chance 1117 U-1968-2] July 25, 1951
4. Tennessee Waltz Part II (Stewart-King) 2:27 [Chance 1103 U-5003-3] November 15, 1950

John Schoolboy Porter and His Schoolboys
Side One 1, 2, B3 & 4: Schoolboy Porter (tenor sax)/ Jesse Hart (piano and vocals on B4)/ Walter Broyle (bass)/ Carl Scott (drums)
Side Two 3, 4, B1 & 2: Schoolboy Porter(tenor sax)/ Art Hoyle (trumpet) / Peterson (baritone sax) / Eugene McDuffy [Alias Jack McDuff] (piano/organ) / Floyd Dungy (bass)/ Vaciro (drums)

----

発売・販売元:株式会社スペース・エイジ 東京支社 音楽企画制作事業部
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-1-8 恵比寿OTビル3F
TEL.03-6303-4609 / FAX.03-4496-4555
http://sa-works.com/
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ