2019/3/18

訃報:Abb Locke 1934-2019  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Abb Locke / Big City Blues (1989)

シカゴのブルース・シーンで活躍したサックス奏者、アブ・ロック(Abb Locke)が2019年3月9日、イリノイ州カントリークラブヒルズにて亡くなりました。84歳でした。

1934年8月25日、アーカンソー州コットンプラントに生まれたアブは、その後シカゴに移住し、ハウリン・ウルフやマディ・ウォーターズをはじめ、往年のブルースの大物たちとの共演を重ねました。彼が共演した人たち中には、他にココ・テイラー、アルバート・コリンズ、エディ・クリアウォーター、ロニー・ブルックス、バディ・ガイなどがいます。多分、挙げ出したら切りがないでしょう。

1983年には自己名義のシングル”Cleo's Back”をルースター・ブルース・レーベルからリリース。これにはゲストでオーティス・ラッシュが参加しました。1989年には、ソロ・アルバムとしては唯一の「Big City Blues」を自主制作でリリースしています。

1998年には、モントルー・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパンに「レジェンズ・オヴ・シカゴ・ブルース・オールスターズ」の一員として出演。東京国際フォーラムでヒューバート・サムリンやウィリー・“ビッグ・アイズ”・スミスらと共演をしました。(大阪公演は、その翌日ベイサイドジェニーにて)

僕はその来日の際、取材でオールスターズのご一行と会ったのですが、話し出したら止まらないヒューバートとは対照的に、アブは比較的物静かな紳士だったように記憶しています。自宅の連絡先を書いてくれたのを今も持っています。

近年は、リル・エド&ザ・ブルース・インペリアルズで活躍したデイヴィッド・ウェルドのインペリアル・フレイムズのメンバーとして活動していました。

ご高齢とは言え、シカゴ・ブルースの全盛期を知るヴェテランの訃報に淋しいものを感じます。

安らかにお眠りください。

彼の葬儀は3月23日、カントリークラブヒルズのLeak & Sons Funeral Homeにて執り行われるそうです。葬儀費用を捻出するためのクラウドファンディングサイトがインペリアル・フレイムズのMonica Myhreによって立ち上げられました。

Abb Locke's Funeral
https://www.gofundme.com/abb-locke039s-funeral

クリックすると元のサイズで表示します
Legends of Chicago Allstars (1998年8月15日撮影)
(左から) Jon McDonald, Hubert Sumlin, Little Smokey Smothers,
Calvin "Fuzz" Jones, Henry Gray, Abb Locke, Willie "Big Eyes" Smith


この写真に写ったオールスターズの面々も、ヘンリー・グレイとジョン・マクドナルドを除き故人となってしまいました。しかし、グレイはこの中で最年長です(1925年1月19日生まれ、今年94歳!)。彼がいまも健在なのはすごいと思います。だいぶ歳を取ったなとは思いますが、これからも長生きしてほしいですね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ