2018/10/31

BLUES & SOUL RECORDS 144号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

ブルース&ソウル・レコーズ誌の144号が発売になりました。今回の表紙はエリック・クラプトン。これは売れそうですねw。これは、エリックの人生を赤裸々に綴った映画「エリック・クラプトン〜12小節の人生〜」(原題:Eric Clapton: A Life In 12 Bars)の公開に合わせた特集です。この映画については、このブログでも紹介しているので、よかったらご覧ください:

エリック・クラプトンの映画公開決定 (2018/6/8)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1784.html

映画自体はタイトルとは裏腹にあまり音楽のブルースはフィーチャーされてはいなかったのですが、本誌では「クラプトン流ブルース探求の道」と銘打ったブルース目線の特集が組まれています。その他先日奇跡の来日公演があったジ・インプレッションズのインタビュー記事もあります。

残念なのは、大物の訃報が立て続けにあり、それだけで大特集になってしまっていることです。中でもブルース銀座としてはオーティス・ラッシュが亡くなったことに大きな悲しみを覚えます。今回は短い訃報記事ですが、次号(12/25発売の145号)では大々的なオーティス特集をするそうです。乞うご期待!

今回僕はいつもの海外ニュース欄に加え、CDレビューとしてトロント在住の日系ブルースマン、Sugar Brownの新譜「It’s A Blues World…Calling All Blues!」、それにエリック・リンデルのアリゲーター盤「Revolution In Your Heart」の紹介をしています。特に僕はエリック・リンデルのアルバムはいい味を出した傑作だと思います。ぜひ聴いてみてくださいね。

-----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 144
2018年10月25日発売
定価: ¥1,600+税
https://books.spaceshower.jp/magazine/m-bsr/bsr-144

ブルース&ソウル・レコーズ 第144号
表紙 エリック・クラプトン

特集 エリック・クラプトン ─12小節の人生─

エリック・クラプトンの生い立ちから現在までの足跡を追ったドキュメンタリー映画『エリック・クラプトン ─12小節の人生─』(2018年11月公開)。そのタイトルからも読み取れるように、ブルースが彼の音楽人生を決定づけたことをあらためて伝えてくれる作品だ。映画の見所、クラプトンが取り上げたことで広く知られることとなったブルースの面白さ、深さを取り上げる。


★ 映画『エリック・クラプトン ─12小節の人生─』を観る@ ブルースは世界とつながる唯一の手段
★ 映画『エリック・クラプトン ─12小節の人生─』を観るA 苦悩が貫く男の旅路
★ 映画『エリック・クラプトン ─12小節の人生─』を観るB ブルースを求めた深い憂い
★ クラプトン流ブルース探究の道 ─クールにわかりやすくブルースの門を広げる
★ 〈サンフランシスコ・ベイ・ブルース〉から“特殊楽器”の世界へ
★ メンフィス〜ヒューストンの名ギタリストたち パット・ヘア/クラレンス・ハラマン他
★ 多彩な顔のミュージシャン ビッグ・ビル・ブルーンジー
★ テキサスからの“罪深いブルース” リル・サン・ジャクスン

【付録CD】Further On Up The Road
エリック・クラプトンが取り上げてきたブルース名曲を収録。オリジナル・アーティストによるライヴ録音や再録版、ジャジーに仕上げたものなど、それぞれに個性あふれる解釈が楽しめる。

1. OTIS RUSH: All Your Love (I Miss Loving)
2. JUNIOR WELLS: Hey Lawdy Mama
3. BARKIN' BILL: Someday After Awhile
4. LURRIE BELL: Mean Old Frisco
5. JAMES "THUNDERBIRD" DAVIS: Further On Up The Road
6. JIMMY BURNS: Rollin' And Tumblin'
7. BIG JOE WILLIAMS: Good Morning Little Schoolgirl
8. BOBBY RADCLIFF: Reconsider Baby
9. SLEEPY JOHN ESTES: Everybody Oughta Make A Change
10. JIMMIE LEE ROBINSON: Key To The Highway
11. DAVE CLARK'S BLUES SWINGERS feat. FLOYD McDANIEL: How Long Blues

【その他の主な記事】
● Funk on Da Table ニューオーリンズ公演リポート
●[追悼]アリサ・フランクリン 天に昇ったソウルの女王
●[追悼]愛され続けたブルース・レジェンド オーティス・ラッシュ
●[追悼]レイジー・レスター
●[追悼]ビッグ・ジェイ・マクニーリー
●[追悼]スタン・ルイス
●[インタヴュー]インプレッションズ「私たちのハーモニーは簡単には出来ないものなんだ」
● ストーンズ・からの贈り物─ブルース・コンピ『Confessin’ The Blues』
● デルマーク創立65周年
● アイクとティナの爆発するソウル 黄金期のアルバム10タイトル紙ジャケット仕様/SHM-CDで再発
●[語りたい逸品]CD『BOBBY LEECAN / SUITCASE BREAKDOWN』
●[語りたい逸品]CD BOX SET 『JUNIOR WELLS / BOX OF BLUES』
● 新作アルバム・リヴュー──ウィリー・ハイタワー/アナ・ポポヴィッチ/キャンディ・ステイトン 他
【連載】
☆ 好評連載 トータス松本 1本のカセットから 第27回 特別対談 ゲスト 吾妻光良[後編]
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「V.A. / Ramblin’ On My Mind」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.73 「Sotoplay/Carolyn」
☆ ゴスペル・トレイン「アイネズ・アンドリュース」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.220/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子/加藤千穂
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか

WEB版「blues & soul records」
https://bsr.excite.co.jp/
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ