東日本大震災義捐金の受付窓口
日本赤十字社 | ジャパンネット銀行

2018/9/20

訃報:Big Jay McNeely 1927-2018  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
フェスティヴァル会場を練り歩きながらブロウするビッグ・ジェイ
Long Beach Blues Festival, 1991
(c)Photo by Masahiro Sumori

サクソフォーン・プレイヤーのビッグ・ジェイ・マクニーリーが亡くなってしまいました。2018年9月16日の早朝、彼はロサンゼルス郊外リヴァーサイドのリヴァーサイド大学ヘルスシステムセンターにて、亡くなったそうです。91歳でした。この年齢ならば大往生と言っていいと思いますが、ほんの3年前の2015年に来日して元気な姿を見せたばかりか、その際Bloodest Saxophoneと新譜のレコーディングまで行っているのですから、まだまだ元気でいてくれそうに思っていました。非常に残念です。前立腺がんが進行しており、それが死因となったとのこと。

代表曲”Deacon’s Hop”のヒットを飛ばしたのが1949年。その数年前にはジョニー・オーティスのレコーディングに参加しており、途中引退状態にあった時期もあるものの、その活動は70年にも及びます。

最後の来日の際は歩くのもきつそうな感じではありましたが、それでもスタッフに支えられながら、お客さんのいるフロアを練り歩いて登場するスタイルを堅持。一度ステージにあがると、そのプレイの音圧は驚異的にでかい!何歳になっても枯れることを知らない生粋のエンターテイナーでした。

1996年に初来日。ローラーコースターとの共演でツアーを行いました。僕は新宿のClub Wireというライヴハウスで見ましたが非常にパワフルな演奏に圧倒された記憶があります。ライヴの最中に照明を真っ暗にし、蛍光色に塗られたサックスをギラギラ光らせながらブロウしまくるという演出もド派手なものでした。

終了後声を掛けに行ったら、燃え尽きたように倒れ込んで息をゼーゼー言わしていたのが妙に印象に残っています。ペース配分とか妥協とか彼の辞書にはないんですね。全力で客を楽しませるという気概を感じましたよ。

その後2012年にBloodest Saxophoneとのツアーのために再来日。もうこの時点で85歳でしたからもう見納めかと思って見に行きましたが、まだまだやる気は満々なご様子。歳をとったのは誰の目にも明らかでしたが、気力が全く衰えていないのにはびっくりさせられました。この来日の様子はライヴ盤「LIVE IN JAPAN」としてCDになっています。

そして、2015年に3度目の来日公演を再びBloodest Saxophoneと行ったというわけです。このときレコーディングしたスタジオ・アルバム「Blow Blow All Night Long」は、彼が88歳になっても現役バリバリであることを示した快作です。

2015年の来日公演のライヴ・レポートです。こんなすごいオヤジはそうそう出てこないでしょう。
http://black.ap.teacup.com/sumori/1656.html

ビッグ・ジェイ、ありがとう。おやすみなさい!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ