2018/2/18

2017年の年間ベストアルバム  音楽全般

2017年もたくさんいい音楽に出逢いました。1年間に聴いた新譜の個人的なベストです。他にもいい作品はいろいろありましたが、特に印象に残ったものを10枚選びました。順不同です。

Elvin Bishop - Elvin Bishop's Big Fun Trio
クリックすると元のサイズで表示します
前作もよかったですが、今回の作品はシンプルなトリオ編成な分、逆にブルースのパワーががつんと伝わる快作でした。このアルバムを引っさげての来日公演も快調でしたし、70超えてますます勢い付いているのには嬉しくなります。日本盤のライナーを書きましたので、よかったら読んでくださいね。

Robert Cray & Hi Rhythm
クリックすると元のサイズで表示します
その名の通り、メンフィスのハイ・リズム・セクションとの共演作。クレイは、過去にもメンフィスホーンズとツアーに出ていたこともあったし、メンフィスソウルとの相性がいいんですよね。ということでこれもすごく自然体で、彼の魅力がにじみでたブルース&ソウルでした。

The Sherman Holmes Project - Richmond Sessions
クリックすると元のサイズで表示します
ホームズ・ブラザーズの2人が亡くなり、シャーマン一人残されたあと、78歳にして彼は初のソロとなる本作をリリースしました。これまでのホームズ・ブラザーズの幅広い音楽性を引き継ぎつつ、ベテランならではの奥の深いサウンドを聴かせます。
この作品については、当ブログにも取り上げたので、ご覧下さい。
http://black.ap.teacup.com/sumori/1759.html

Gregg Allman - Southern Blood
クリックすると元のサイズで表示します
グレッグ・オールマンが亡くなってからリリースとなった、遺作。恐らくこれを作っている頃、彼の体調は悪かったのではと思いますが、そんなことは感じさせません。オールマン・ブラザーズでも聞かせていたブルージーな歌声、聴けば聴くほどはまります。ラストを飾るジャクソン・ブラウンとの共演も最高です。

The Blind Boys of Alabama - Almost Home
クリックすると元のサイズで表示します
Amazonの配信のみという変則的な形の新譜ですが、ゲストを多く迎えた形が多かった近年の作品と異なり、シンプルでストレートな作品でした。オリジナル・メンバーの2人も80代後半となり、もう間もなく神の懐へ帰るよと言っていると思われるこのタイトル。でもサウンドは喜びに満ちていて悲壮感は全然ないのです。

Bloodest Saxophone feat. Big Jay McNeely - Blow Blow All Night Long
クリックすると元のサイズで表示します
歳を食っても驚異的な精神力でパワフルな演奏を聴かせるビッグ・ジェイ。Bloodest Saxophoneとの相性もバッチリです。2度の来日公演でのとエンターテイナーぶりにも度肝を抜かれましたが、まだまだやれるんでは思わせます。もう一度来日、あるかな?

Chas Justus & the Jury
クリックすると元のサイズで表示します
ルイジアナのケイジャン・スウィング・バンド、レヴェラーズ、レッド・スティック・ランブラーズのギタリスト、チャス・ジャスタスのリーダー作は、一層スウィング・ジャズ色が濃く出たご機嫌なサウンドです。フランス語で歌われる嘘は罪(It’s A Sin To Tell A Lie)はルイジアナらしいところです。

Lloyd Price - This Is Rock and Roll
クリックすると元のサイズで表示します
ファッツ・ドミノが遂に亡くなってしまい、もう50年代に活躍したロックンロール・スターは殆ど残っていないなと思っていたら、同じニューオーリンズのロイド・プライスが久々に新譜を出しました。御歳84歳。思いの外元気で嬉しくなりました。

Van Morrison - Roll With The Punches
クリックすると元のサイズで表示します
最近のヴァンの新譜リリースのペースはやたらと早いですね。2017年は2枚を出しましたが、このアルバムは近年の作品の中でもブルース/R&B色が強く、非常にはまりました。

Lost Bayou Ramblers - Kalenda
クリックすると元のサイズで表示します
祝グラミー賞受賞!彼らのように現在進行形のケイジャン・ミュージックを演奏するバンドが評価されるのは非常に嬉しいのです。

2017年ベスト・ライヴ
Spencer & Percy Wiggins (April 18, 2017, Billboard Live Tokyo)
2017年を通して一番のライヴといえば、やはりこれかなぁ。もうジーンときてしまいました。
http://black.ap.teacup.com/sumori/1734.html
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ