2016/8/14

ニューオーリンズ・ムックが発売  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します

五十嵐正さん監修のムック「CROSSBEAT Presents ニューオーリンズ・サウンド 追悼:アラン・トゥーサン」が発売になりました。

その名の通り、昨年11月に急逝したアラン・トゥーサン追悼のムックですが、トゥーサンのみならず、ドクター・ジョン、ネヴィル・ブラザーズ、ミーターズもカバーし、近年のニューオーリンズ・ミュージックの注目ディスクやマルディグラ・インディアンとは何か?などの記事も収録。より広くニューオーリンズ音楽を紹介する内容となっています。

アラン・トゥーサンについては、ディスク・ガイドはもちろんのこと、インタビュー記事だけでも1988年から2009年までの5本を収録。2006年のインタビューでは、ハリケーン・カトリーナの被災後のシーセイントスタジオの様子を語り、2009年のインタビューでは、トラディショナル・ジャズをカバーした作品「The Bright Mississippi」についての内容が盛り込まれるなど、それぞれの時期に応じた内容で読み応え充分。最後の作品となった「American Tunes」についても、五十嵐さんが2ページに渡る記事で徹底検証。プロデューサーのジョン・ヘンリーのインタビューでも、その内容について切り込んでいます。トゥーサンというニューオーリンズを超えて幅広く活躍したひとりのミュージシャンの偉大な足跡が本書をご覧いただければ、わかる。そういう内容になっていると思います。

全180ページに渡る入魂のムック。ニューオーリンズの音楽に興味のある方ならばぜひ手にしてほしい一冊です。チェックしてみてくださいね。雑誌なので、在庫限りです。なくなる前に是非。

僕もほんの少しですが、執筆に関わらせてもらいました。ドクター・ジョンのアルバム3枚の紹介をしています。

----

CROSSBEAT Presents ニューオーリンズ・サウンド
追悼:アラン・トゥーサン<シンコー・ミュージック・ムック>
https://www.shinko-music.co.jp/item/pid164333x/

\ 1,944 (本体 1,800+税) 発売日 2016/08/08
著者 五十嵐 正(監修)
サイズ A5判
ページ数 180ページ
ISBN 978-4-401-64333-2

昨年11月に突然の訃報が届いたアラン・トゥーサンを偲び、今はそれぞれの道を歩んでいるネヴィル・ブラザーズ&ミーターズ、この数年さらなる意欲的な活動を続けているドクター・ジョンにエールを送る、待望のニューオーリンズ・ムックが登場!!
巻頭では8月に日本盤が発売されるアラン・トゥーサンの遺作『アメリカン・チューンズ – ファイナル・レコーディング』を徹底検証。本作の舞台裏を、プロデューサーのジョー・ヘンリーが本誌だけにたっぷり語ってくれました。トゥーサンのインタビューも、計5本を一挙掲載します。
各アーティストの貴重なインタビュー+アルバム評(ドクター・ジョン自身によるアルバム解説の復刻も!)はもちろん、2006年にアラン・トゥーサンやシリル・ネヴィルが参加してハリケーン・カトリーナを語ったパネル・ディスカッションの模様、ピーター・バラカンがロビー・ロバートソンに聞くニューオーリンズ音楽の魅力など、興味深い読み物を多数掲載。
ビギナー・ガイドとしても、今一度アルバムを聴き直すための手引きとしても重宝する、全音楽ファン必携の特濃な一冊です!!

【CONTENTS】
ALLEN TOUSSAINT
追悼:アラン・トゥーサン
インタヴュー:ジョー・ヘンリーが語る『American Tunes』とトゥーサン
ディスク・レビュー:遺作『American Tunes』
ヒストリー
アルバム・レヴュー:1950s-2010s
インタヴュー@:自ら語った『Southern Nights』の舞台裏(2012年)
インタヴューA:1988
インタヴューB:1994
インタヴューC:2006
インタヴューD:2009
ハリケーン・カトリーナについて語るニューオーリンズのミュージシャンたち(2006)

DR. JOHN
インタヴュー@:自身による全アルバム解説(1996)
アルバム・レヴュー:1960s-2010s
インタヴューA:2001
インタヴューB:2012
ロビー・ロバートソンが語るニューオーリンズの音楽(聞き手=ピーター・バラカン)

THE NEVILLE BROTHERS
ヒストリー
インタヴュー@:1966(アート&チャールズ・ネヴィル)
アルバム・レヴュー:1970s-2000s
インタヴューA:1997(アーロン・ネヴィル)
アルバム・レヴュー:アーロン・ネヴィルのソロ作
アルバム・レヴュー:ザ・ミーターズ
アルバム・レヴュー:チャールズ・シリル・ネヴィル

コラム:マルディグラ・インディアン・ミュージックとは?
アルバム選:ニューオリンズ産名盤20選
インタヴュー:リトル・フィートが語る「Dixie Chicken」とニューオーリンズ
アルバム選:ニューオーリンズに魅せられたロック・アーティストたち
アルバム選:現代のニューオーリンズ勢
インタヴュー:ブリザヴェーション・ホール・ジャズ・バンド(2013)
インタヴュー:ジョー・サンプルが語るルイジアナ音楽のDNA(2012)
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ