2016/4/30

ジャズフェス後半2日目4/29(金)  ニューオーリンズ

ジャズフェス2日目。見たものです:
Feufollet, J. Monque'D Blues Band w/Lil' Creole Wild West, Jeffery Broussard and the Creole Cowboys, Bonerama, Creole String Beans with special guest T.K. Hulin, Raw Oyster Cult and some Fishy Friends, John Boutté, Irma Thomas, Los Lobos perform La Pistola Y El Corazón, 101 Runners, C.J. Chenier & the Red Hot Louisiana Band

この日は、雲が多めながら雨は降らず、ジリジリと日が照りつける一日でした。Feufolletは、土曜日に夜のコンサートで見ようと思っているので、ちらっと2曲くらい。お子様バンドだったのが、普通のバンドになったなあなんて思いながら見てました。

クリックすると元のサイズで表示します
J. Monque'D
w/Lil' Creole Wild West

J.モンキDは、最後のGot My Mojo Workin'で締めるブルースショーを見せてくれましたが、この人のいいところはそういうショーの中にもニューオーリンズを感じさせる演出があるところだと思います。マルディグラ・インディアンの子供たちを登場させて、一緒に歌い踊り、楽しい雰囲気に包まれていました。

クリックすると元のサイズで表示します
Jeffery Broussard

ザディコでは、一度見てみたかったジェフリー・ブラッサードを見ることができました。ノリのよさの中にもゆるさもあって、実にルイジアナな気分満載のライヴ。インストやドラマーがヴォーカルを取る曲も意外と多く、ジェフリーの歌はそれほど多くなかったように思いますが、彼は歌うときもずっと、楊枝をくわえているのがなんだか面白かったです。人のいい小チンピラみたいな風貌でした(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
Creole String Beans with Bill Kirchen (center)

ルーサー・ケント&トリック・バッグリリアン・ブッテも気になりましたが、続いて見たのはクレオール・ストリング・ビーンズ。ロックンロールやR&Bのオールディーズをやるパーティー・バンドで、新しさはないけどとにかくご機嫌なのです。出たばかりの新譜の曲目を中心とした本当に楽しくカッコいいライヴでした。途中ゲストにスワンプポップの歌手、T.K.ヒューリンが登場し、”I’m Not A Fool Anymore”などを熱唱し盛り上げました。ゲストはそれで終わりかと思いきや、事前のアナウンスがなかったもう一人のゲストとして、ビル・カーチェンが出てきて更に盛り上がりました。最後は、スカ"Boom Boom"でにぎにぎしく締め、約70分のライブは終了。いやぁ、いいショーでした。

ジョン・ブッテアーマ・トーマス、この二人が重なっているのは何とも苦しい。どちらもものすごくみたいのに…。ブッテの方が先に始まるので、その間だけ彼を見てアーマへ移動しました。残念だけど、仕方ない。でもブッテも20分くらいは見ることができました。元気そうでした。アラン・トゥーサンに捧げてSouthern Nightsをやっていたのは印象に残りました。

クリックすると元のサイズで表示します
Irma Thomas

そしてアーマ!だいぶ年を取ったんだろうなと思いながら登場を待ちましたが、いやいやなんの。以前と変わらぬ若々しさで、堪能しました。"I'm Gonna Hold You To Your Promise"から始まり、Ruler of My Heart、I Wish Someone Would Careなどの古い名曲もばっちり。そして、「次の曲は、自分じゃない誰かさんが有名にしてくれたけど、自分の方が先にやったのよ。そして私の方がうまくやったわ」といい"Time Is On My Side"へ。これはあまりやらないので、うれしい選曲でした。

クリックすると元のサイズで表示します
セカンドラインタイムでお客さんも大盛り上がり

終盤にはI Done Got Overからのセカンドラインタイム。僕は、もうこれを待っていたので、白いナプキンを用意してスタンバイ。周囲の人に配っちゃいました。もう、最高に盛り上がりました。

これで終わりかと思ったら、最後はしForever Youngを観衆に捧げて熱唱。これは前回の来日のときと同じパターンですが、気分は一転目頭が熱くなりました。アーマはやはりいつ見てもいいですね。

しかし、アーマと最後が重なっていたのがロスロボス。アーマのバンドが終わるか終わらないかのタイミングでフェイドードー・ステージへダッシュしました。幸いアーマが少し早めに終わり、ロスロボスはセッティングに時間がかかっていたのか、ちょっと遅れたので、どちらも欠けることなく見ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
Los Lobos (perform La Pistola Y El Corazón)

ロスロボスは人気なんですね。フェイドードーはあまりこのステージでは見ないほどのすごい人で溢れていました。今回のセットはLa Pistola y El Corazonをプレイするというもので、全部丸ごとアコースティック、全部メキシコのフォークソングという特別セットでした。

La Bambaもリッチー・ヴァレンズ風ではなくトラディショナルな感じでやっていたし、Volver, Volver, Anselmaなど普段のセットではそれほどやらない曲もたっぷりやってくれて非常にいいセットでした。

この日の締めは、カーク・ジョセフに山岸潤史が参加してずっしりファンキーな101ランナーズC.J.シェニエとハシゴして終わり。ポール・サイモンやエルヴィン・ビショップも気になってのですが、まあこれくらいにしておかないとどれも中途半端になってしまいますよね。うーむ、悩ましい。

クリックすると元のサイズで表示します
101 Runners (w/山岸潤史)


[5/15/2016追記]
写真を追加。文章もCreole String Beansの部分などを追記。
















4月22日 4月23日 4月24日 中日1 中日2 4月28日
4月29日 4月30日 5月1日 写真集1 写真集2 入場料
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ