2016/4/25

ジャズフェス前半最終日4/24(日)  ニューオーリンズ

ジャズフェス前半最終日。今日見たものです。

Los Po-Boy-Citos, Belton Richard & The Musical Aces, Big Chief Walter Cook & The Creole Wild West, Little Freddie King, Preston Shannon, Corey Ledet & His Zydeco Band, Glen David Andrews, Beausoleil avec Michael Doucet, The Taj Mahal Trio, Big Chief Monk Boudreaux & The Golden Eagles, John Mayall, The Iguanas

今日は、とにかくフェイドードー・ステージが強力で、いつもの通り欲張りな僕はこのステージの全部のアーティストをどれも少しは見ました。特によかったのはガッツリ前の方でフルセット見たタジ・マハール。ハワイアンとかもやるのかと思いきや、アコギでブルース中心のステージでした。トリオといいながらバンドメンバーは4人。タジは「トリオ+1」と言ってました。(どこかで聞いたことのある表現だなw)

Going Up To The Country Paint My Mailbox Blue, Fishing Blues, Sittin' On Top of The World, Loving In My Baby's Eyesなどなど楽しくかつ味わい深く演奏してくれました。あー、日本にも来てほしい!メンバーは、ベース、ドラムス、そしてサックスなんですが、このサックスの人がまた演奏するのが楽しそうで、こっちまで楽しくなってちゃいましたよ。彼は、サックスもテナーとソプラノをやる上にフルート、ビブラフォン、トライアングルと何でもこなすすごい人でした。

クリックすると元のサイズで表示します
Taj Mahal

グレン・デイヴィッド・アンドリューズは、ファンキーでトロボーンも強力でした。客席に降りてきてひたすら客をあおって盛り上げながら歌う、歌う、歌う!彼は生粋のエンターテイナーだなと思いましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
Glen David Andrews

ジョン・メイオールはキャンセルしたジョニー・ラングのピンチヒッターで急遽入ったのですが、まあ80歳とは思えない元気さでした。普通にステージをハープやギターをプレイしながら右往左往していました。スゲー!ギターには初日に同じステージに立っていたウォルター・トラウトが入っていました。元ブルース部レイカーズのよしみで助っ人したんでしょうかね。

今日の最後はイグアナズで締め。これもノリノリでしたね。

という訳で3日間、あっという間に終了。明日から3日の中日に入ります。















4月22日 4月23日 4月24日 中日1 中日2 4月28日
4月29日 4月30日 5月1日 写真集1 写真集2 入場料
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ