2015/12/28

BLUES & SOUL RECORDS 127号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

12月25日にブルース&ソウル・レコーズ誌の127号が発売になりました。ジョニー・ギター・ワトソンの特集です。彼が亡くなってもう間もなく20年になります。

ワトソンの死は、来日ツアー中の横浜公演のステージでのできごとでした。僕はその場にはいませんでしたが、翌日の東京公演を見に行く予定にしていたので、その衝撃たるや相当なものでした。

僕は1985年の初来日公演は見たのですが、その際のワトソンは、シンセを鳴らしておおよそブルースっぽくないサウンドを展開しており、客席から野次られていたのが印象に残っています。そのときの「お口直し」ができると考えていただけに、残念でなりませんでした。

ワトソン最後の公演となった現場、ブルースカフェからのレポートを会場の担当だった長谷川良樹さんが、当時ブルース銀座にレポートを寄せてくれました。

さようなら、ジョニー“ギター”ワトソン
最期の舞台となったブルース・カフェからのドキュメント
長谷川良樹(ブルース・カフェ ・ プロデューサー)
http://bluesginza.web.fc2.com/bcafe01.html


ワトソンと言えば、英語ではありますが、2009年にオランダ人の経済学者ビンセント・バッカー氏が彼の伝記本を出し、ブルース銀座でも紹介させてもらいました。

Johnny "Guitar" Watsonの伝記本 (2009/7/31)
http://black.ap.teacup.com/sumori/254.html


この書き込みでは、「日本のアマゾンでは買えない」と書かれていますが、現在は改訂版もリリースされ電子書籍化もされており、日本のアマゾンで購入できます。音楽業界への知見が殆どない人の著であり、また彼は英語を母語としている人でもないので、素人臭さも指摘されてはいますが、興味深い内容が多い本です。今回のBSRの特集では触れられていませんが、ご参考まで。

BSR誌では、僕は今回はいつもの海外ニュース欄と、リヴュー2件(アンディT-ニック・ニクソン・バンド、ブリント・アンダーソン)を書いています。

----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 127
2015年12月25日発売
定価: 1,760円+税

特集 ジョニー・ギター・ワトスンとブルースの70年代

★拡張しても失わないブルージネスと路地裏感覚 ブルースに軸足を置き、多様に展開したワトスンの70年代
★ジョニー・ギター・ワトスン インタヴュー1978
「私はねえ、プログレッシヴR&Bプレイヤーなんだよ、キミ」
★ジョニー・ギター・ワトスン/アルバム・ガイド 全オリジナル・アルバムとアルバム未収録作品
★ワトスンを支えた“打ち込み的”ドラマーの先駆者エムリー・トーマス
★ジョニー・ギター・ワトスン関連作品/ゲスト参加作、プロデュース作ほか
★ライター6人による「私のジョニー・ギター・ワトスン」
★対談/高地 明 × 小出 斉「同時代のブルースはどう聴かれていたか─70年代を振り返る」
★鈴木啓志が選ぶ70年代ブルース傑作シングル

【付録CD】HOW MUCH MORE CAN WE STAND? - Blues In The 1970s
ジョニー・ギター・ワトスンが独自のプログレッシヴ・ブルースでチャートにヒットを送り込んだ1970年代。新しい時代のソウルやファンクがメインストリームを席巻する中で、ブルースもどっこい生きていた! それを証明する、70年代産ブルース傑作を収録。ファンクを取り込んだブルース、ソウルを飲み込んだブルース、時代を反映したブルースの数々をお聞きいただきます。

1. JIMMY JOHNSON: Slamming Doors
2. BOBBY RUSH: Niki Hoeky
3. LITTLE JOHNNY TAYLOR: Strange Bed With A Bad Head
4. TED TAYLOR: (This Is A) Trouble World年
5. EDDIE LANG: Food Stamp Blues Pt.1
6. BUDDY ACE: Kicked The Habit
7. SMOKEY WILSON: I Want You
8. LOWELL FULSON; Lovemaker
9. ALBERT WASHINGTON: Go On And Help Yourself
10. CASH McCALL: Stoop Down Baby
11. AL KING: High Cost Of Living
12. BUSTER BENTON: Money Is The Name Of The Game

【その他の主な記事】
●[追悼] アラン・トゥーサン ニューオーリンズ・ミュージックを支えた紳士
● ベスト・アルバム2015 今年を代表する新録/再発/発掘作品15タイトルを選出
●[語りたい逸品]“ラスト・ブルースマン”ボビー・ラッシュの半世紀
●[語りたい逸品]ブリテンからアメリカへ 海を越えて継がれた歌
[語りたい逸品]地域、ジャンルを超えたファンク源流の探索
● ついに! B.B.キング RPM/ケント・ボックス完成
● ライヴ・リポート/ビッグ・ジェイ・マクニーリーがブラサキと再度共演
● 新作アルバム・リヴュー
ウィリー・ウォーカー/ビッグ・ジェイ・マクニーリー&ブラッデスト・サキソフォン/ジョン・メイオール/マジック・サム/エドナ・ゴールモン・クック 他


【連載】
☆ 好評連載 トータス松本 1本のカセットから 第11回 第11回 金ピカ鎖のベストに衝撃─映画『ワッツタックス』
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦×編集部H
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「ルーサー・アリスン」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.56 「Magnum」
☆ ゴスペル・トレイン「パラマウント・シンガーズ」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.203/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ モアリズム ナカムラの20××年ブルースの旅 第7回「ガンボチローズ」
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルの聴ける店
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか bsr-127
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ