2015/8/29

ハリケーン・カトリーナ10周年  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します
ニューオーリンズの産業用水路にかかる
Claiborne Bridgeからロウワー・ナインス・ワード(手前)を臨む
(2006年5月4日、陶守撮影(c))

もうあれから10年。本当に月日の経つのは早いものです。大きな爪あとを残したハリケーン・カトリーナは2005年8月23日にバハマ付近で発生し北西に移動。ちょうど10年前の8月29日、ルイジアナ州南部に上陸しました。一時期は最大級のカテゴリー5規模にまで勢力を拡大したものの、ルイジアナ上陸時にはカテゴリー3と小さくなっていました。

しかし、ニューオーリンズでは複数個所で堤防が決壊。ポンチャートレイン湖と産業用水路から街へ大量の水が流れ込んだことにより、実に市街地の80%が浸水するという大災害をもたらしました。ハリケーン・カトリーナの犠牲者は1,800人あまりに上りますが、その約85%がニューオーリンズを中心としたルイジアナ州に集中しています。

ニューオーリンズの住民は、被災の前後にバトンルージュ、ヒューストンなど、周囲の街への避難を余儀なくされました。被災後、人が少なくなったニューオーリンズでは強盗・略奪などが横行し、治安維持のため、軍が投入される異常事態に。1ヶ月にも渡り、ニューオーリンズの街は、立ち入りが原則禁止となり、ゴーストタウン化しました。

当時、現地の様子を簡単ですが、当ブログに書き込んでいます。

カトリーナ、ルイジアナ上陸翌日の書き込み(2005/8/30)
http://black.ap.teacup.com/sumori/8.html

フレンチクオーター復活の第一歩(2005/9/30)
http://black.ap.teacup.com/sumori/15.html


個人的には、ニューオーリンズはカトリーナ以前に何度も訪れたことのある馴染みのある街だっただけに、信じられない気持ちでいっぱいでした。

そして、被災後8ヶ月が経った2006年4月のジャズフェスの時期、僕は再びニューオーリンズを訪れました。あのとき見た光景は一生忘れません。愛すべき街の無残な姿に言葉を失いました。

そのときの様子を2006年8月1日付けでブルース銀座でレポートしたものが、これです。今読むと当時の雰囲気と思いが生々しく脳裏によみがえってきます。

カトリーナ被災、その後
http://bluesginza.web.fc2.com/nojhf06/devastation.html


つい先日、ソウル・レベルズが初来日公演を行いましたが、2006年のジャズフェスで彼らを見たことを思い出しました。彼らはメンバー全員がカトリーナで被災し、ニューオーリンズからヒューストン等へ避難。ジャズフェスへは避難先から一時的に戻ってきての参加でした。来日公演の会場でオリジナル・メンバーのラマー・ルブランに聞いたところ、彼とトランペットのマーカス・ハバードの二人はそのとき以来、いまだにヒューストンに住んでいるそうです。

2008年に再び訪れた際には、倒壊した建物やゴミなどはすっかり撤去され、表面的には元に戻ったように見えました。その後も復興は進んでいるでしょう。

しかし、時が経っても、その出来事を忘れてはならないと思います。せめてこの日、1年に一度は、10年前に起こったことを思い出し、犠牲者の冥福を祈りたいと思います。

【過去の8月29日の書き込み】
1周年(2006) http://black.ap.teacup.com/sumori/36.html
3周年(2008) http://black.ap.teacup.com/sumori/161.html
8周年(2013) http://black.ap.teacup.com/sumori/1441.html
9周年(2014) http://black.ap.teacup.com/sumori/1564.html
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ