2015/8/24

BLUES & SOUL RECORDS 125号発売  BSR誌

クリックすると元のサイズで表示します

ブルース&ソウル・レコーズ125号の発売です。今回の特集はブルース・ブラザーズ。1980年の映画「ブルース・ブラザーズ」を通じてブルースやソウルを聴くようになったという人は少なくないはず。僕は、直接のきっかけでこそなかったものの、テレビやビデオ、DVDでセリフを空で覚えるほど繰り返し見た大好きな映画でした。荒唐無稽なまでに豪快なカーチェイス、純粋にコメディとして最高に面白かったし、要所要所にブルース、ソウルのアーティストたちが出てきて歌うわ、演技するわなので、おいしすぎる映画なのですよね。もう映画が公開されてから35年も経ちますが、その魅力はいまだ色褪せません。

ブルース・ブラザーズが取り上げたブルース&ソウルのディスク・ガイドを含む特集です。付録CDもブルース・ブラザーズが取り上げた曲やアーティストを10曲収録していますよ。BAWDIESのROYが語るブルース・ブラザーズの魅力についての記事もあります。

僕は、ジェイク&エルウッドの2人を支えたバンドの面々についての記事を書きました。その他、ヘンリー・グレイ&エディ・ショウの来日公演レポート、バディ・ガイの新譜評なども書きましたので、ぜひみてくださいね。

新譜では、バディも元気ですが、特にお勧めしたいのが、イゴール・プラド・バンドの「Way Down South」です。リンウッド・スリムのアルバム「Brazillian Kicks」で抜群ののりを聴かせていたブラジル出身のバンドですが、本作が米国での初のリーダー作になります。ロッド・ピアッツァ、キム・ウィルソンらいいゲストも入っていて、なかなかの秀作です。彼らを聴いたことがないなら、ブラジルにもこんなにすごいバンドがいるんだと驚くこと請け合いです。是非。

他、吾妻光良氏の連載では、BLOODEST SAXOPHONE with ジュウェル・ブラウンの公演のことを取り上げていたり、ジミー・バーンズの東京公演のレビューがあったりと読みどころ満載です。

-----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 125
2015年8月25日発売
定価: 1,800円+税

特集 ブルース・ブラザーズ──世代を超えて愛されるブルース&ソウルの使者

★ 「これが本当のエンタテインメント」ROY (THE BAWDIES)が語るブルース・ブラザーズ
★ レジェンダリーな黒人音楽啓蒙映画『ブルース・ブラザース』
★ 愛と情熱の“ブルースの使者”──ブルース・ブラザーズの歩み
★ ブルース・ブラザーズ主要ディスク・ガイド
★ ブルース・ブラザーズ・バンド──ジェイクとエルウッドを支えた強者たち
★ 続編映画『ブルース・ブラザース2000』
★ ブルース・ブラザーズ・ソング・ガイド──彼らが取り上げたブルース&ソウルを44曲紹介

【付録CD】BLUES & SOUL MASTERS
ブルース・ブラザーズのテーマ曲とも言える、オーティス・レディング〈お前を離さない〉から、映画にも出演したキャブ・キャロウェイの〈ミニー・ザ・ムーチャー〉、アリサ・フランクリンにサム&デイヴ、バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズにジョー・ターナーなど、彼らが取り上げた曲を、ブルース&ソウル・マスターたちの名唱、名演でお楽しみください。

1. OTIS REDDING: I Can't Turn You Loose
2. SAM & DAVE: Soul Man
3. THE COASTERS: Riot In Cell Block Number Nine
4. BUDDY GUY & JUNIOR WELLS: Messin' With The Kid
5. KING CURTIS: Peter Gunn
6. RAY CHARLES: Let The Good Times Roll
7. ARETHA FRANKLIN: Think
8. WILSON PICKETT: Everybody Needs Somebody To Love
9. CAB CALLOWAY: Minnie The Moocher
10. JOE TURNER: Flip, Flop And Fly

【その他の主な記事】
● マディ・ウォーターズ生誕100年記念特別対談 鮎川誠×永井ホトケ隆
● [インタヴュー]W.C.カラス──新作『うどん屋で泣いた』を語る
● [インタヴュー]衣美(ズクナシ)──トリオになって初のアルバムで見せた成熟
● B.B.キング&ブルース1200ベスト・コレクション──ブルース名盤が一挙45タイトル登場
● 【BSR ARTIST FILE 016 ブラック・ミュージック偉人ファイル】[追悼]ベン・E・キング/ディスク・ガイド/名曲〈スタンド・バイ・ミー〉を知る
● [語りたい逸品]愛弟子からの恩返し──ジョン・プライマーがマディ生誕100年記念盤
● [語りたい逸品]南部ソウルの太いリアリティ──リオン・ブリッジズ
● [語りたい逸品]レッド・ベリー 究極のブック&CDセット
● BSR REVIEW 新作アルバム・リヴュー
バディ・ガイ/タンパ・レッド/ワイノニー・ハリス/カール・ホール ほか

【連載】
☆ 好評連載 トータス松本 1本のカセットから 第9回 スタイリッシュでポップなセンス─ブルース・ブラザーズ
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦×編集部H
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ フード・フォー・リアル・ライフ〜歌詞から見るブルース&ソウルの世界「ベン・E・キング/レット・ザ・ウォーター・ラン・ダウン」/中河伸俊
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「ジョニー・ハーツマン」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.54 「キャプリコーン」
☆ ゴスペル・トレイン「ジェシ・メイ・レンフロー」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.201/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ モアリズム ナカムラの20××年ブルースの旅 第5回「BB HEADS」
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルの聴ける店
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ