東日本大震災義捐金の受付窓口
日本赤十字社 | ジャパンネット銀行

2014/8/13

菊田俊介、Demetria Taylor@原宿La Donna  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
菊田俊介& Demetria Taylor

シカゴからやってきたブルース・シンガー、デミトリア・テイラーを迎えたブルース・セッションが去る7月22日、原宿のラ・ドンナで開催されました。ギタリストの菊田俊介を中心にしたラインアップで、デミトリアと菊田は、その翌週末のジャパン・ブルース・フェスティバル(青森市)出演のための来日でしたが、一足先に東京でセットされたギグでした。

クリックすると元のサイズで表示します

永井"ホトケ"隆(vo., gt.)を特別ゲストに迎え、彼とともにウェストロード・ブルース・バンドで活躍した松本隆(ds.)、シカゴ録音のデビュー作をリリースしたばかりのLee (key.)、菊田のバンドでプレイした経験もある片野篤(b.)といった面々が参加。休憩を挟んで2時間以上の演奏を繰り広げました。

1部、2部とも菊田さんのソロ曲からスタート。続くホトケさんはマディ・ウォーターズ・モデルのテレキャスターを持って登場。各3曲程やってくれました。ヴォーカルだけでなく、ギターでもその腕前を充分披露しましたが、本人いわく「自分はギターなんか弾かなくていいと思うんだけど、一緒にやっていたいいギタリストが亡くなってしまうものだから仕方なく」なんだそうです。いやいや、そんなことはないでしょう(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
永井"ホトケ"隆

デミトリア・テイラーは2011年の来日のときにもこの会場で歌っていますが、あのときよりも明らかにノリがよく、バンドとお客さんをぐいぐい引っ張って盛り上げてくれました。客席には、この日の朝、公演先のヨーロッパから到着したばかりというカルロス・ジョンソンがいましたが、後半のセットでホトケさんのギターを借りて飛び入り。デミトリアの歌3曲で熱演を披露しました。菊田さんとのバトルも聴けて、嬉しいサプライズでしたよ。僕は青森は行けませんでしたが、あちらも盛り上がったようですね。

アンコールは、カルロスは参加しなかったものの、お客さんもステージに上げて、全員で"Sweet Home Chicago"で賑々しく締めました。時差ボケを押してプレイしてくれたカルロスにも感謝です。今回は彼の東京公演は予定されていなかったので、貴重な経験となりました。
クリックすると元のサイズで表示します
Carlos Johnson


クリックすると元のサイズで表示します
菊田俊介とCarlos Johnsonのギター・バトル

----


CHICAGO BLUES TODAY: Shun Kikuta and Chi-Town Friends
Harajuku La Donna
Tue., July 22, 2014

[1st Set] 19:10 -19:55
1. Mr. Air
2. Take A Little Walk With Me (Takashi "Hotoke" Takashi)
3. So Many Roads (Takashi "Hotoke" Takashi)
4. Blow Wind Blow (Takashi "Hotoke" Takashi)
5. Voodoo Woman (Demetria Taylor)
6. I'm A Woman - Hoochi Coochie Woman (Demetria Taylor)
7. When You Leave Don't Take Nothing (Demetria Taylor)
8. Tryin' To Make A Living (Demetria Taylor)

[2nd Set] 20:10-21:35
1. Chicago Midnight
2. Don't Want No Woman (Takashi "Hotoke" Takashi)
3. Mary Had A Little Lamb (Takashi "Hotoke" Takashi)
4. Big Boss Man (Takashi "Hotoke" Takashi)
5. Goin' Back To Mississippi (Demetria Taylor)
6. Cherry Red Wine (Demetria Taylor & Carlos Johnson)
7. Bad Girl (Demetria Taylor & Carlos Johnson)
8. Wang Dang Doodle (Demetria Taylor & Carlos Johnson)
-encore-
9. Sweet Home Chicago (all, except Carlos)

[Personnel]
Shun Kikuta - guitars, vocals
Teruo Matsumoto - drums
Rie "Lee" Kanehira - keyboards
Atsushi Katano - bass
Demetria Taylor - vocals
Takashi "Hotoke" Nagai - vocals, guitar
Carlos Johnson - guitar, backing vocals
Mike Koshitani - MC
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ