2013/5/31

アーマ・トーマス@ビルボードライブ東京  ニューオーリンズ

一昨年に続き4度目の来日をしたアーマ・トーマス。もう72歳になるのですが、歌声の魅力は全く失われていない。素晴らしいライヴでした。東京で2日間計4回の公演。僕は初日の二部を見ました。

だいぶ以前より足腰が悪くなっているのか、ステージへの上り下りがキツそうでしたが(旦那さんのエミール・ジャクソンにしっかりサポートしてもらっていました)が、ライヴの最中に座ったりすることはなく、お元気な様子。本当にいい表情をして歌っていました。特に熱唱タイプでもなく、あくの強い歌い方をする訳でもないのですが、この人でしかありえない歌声なんですよね。大きなアクションもないけど、存在感はしっかりあります。先日ベティ・ラヴェットとはある意味好対照な存在感です。

前回と曲目は大きく変わってはいないものの、出たばかりのシングル曲"For the Rest of My Life"が加わりました。オープニングは、1988年のアルバム「The Way I Feel」から”I'm Gonna Hold On To Your Promise”。これはやや意外な選曲でした。実は僕が見に行ったこの回のセットリストは、最初の4曲はインターネット中継された今年のジャズフェスと同じ。最近のライヴのパターンのひとつなんでしょうね。

あとは、意外な曲と言えば"Hittin' on Nothin'"。僕は多分生で聴くのは初めてです。「Live! Simply the Best」で客のリクエストを受けて急遽やったという形で登場しますが、珍しいように思います。あとは、アンコール前にやった”Heart of Steel”。これはギャラクティックのアルバムでゲスト参加して歌っているやつですね。これもあまりやらないと見え、アーマはiPadに表示された歌詞カードを見ながら歌っていました。

定番の"I Done Got Over It"では、ハンカチフリフリやりましたよ、ニューオーリンズ気分のお裾分け、ごちそうさまでした。ああ、楽しい。

前回もやった"Forever Young"は新シングルにも収録されましたが、定番になりつつあるのかな。芸歴54年目となり、ずっと支えてくれてありがとうとファンに感謝を述べて歌い出すアーマ。歌に深みがあってもうジーンと来てしまいます。うるうる来ました。

バンドは前回と同じメンバーですが、前回はいなかったベーシストが加わりました。やっぱりいるといないとでは大違い。ベース・ソロの見せ場も用意され、活躍していました。ホーン・セクションの2人が僕の目の前にいたのですが、二人ともノリノリで盛り立て役ですね。ギターのおっちゃんがときどき心もとないところがありましたが、総じてバンドは好サポートだったと思います。

最近の曲もいいですが、やはり"It's Raining"や"Wish Someone Would Care"など昔のナンバーは盛り上がりますね。本当に幸せな時間でした。早くまた見たい。

Irma Thomas
May 29, 2013, 21:30
Billboard Live Tokyo

(-1. Instrumental by the band)
1. I'm Gonna Hold On To Your Promise
2. For the Rest of My Life
3. Got to Bring It With You
4. Let It Be Me
5. Love Don't Change
6. In the Middle of It All
7. Don't Mess With My Man
8. Ruler of My Heart
9. Break-A-Way
10. Wish Someone Would Care
11. Hittin' on Nothin'
12. It's Raining
13. I Done Got Over It
〜Iko Iko
〜Hey Pocky A-Way
14. Heart of Steel
-encore-
15. Forever Young

Showtime: 21:31 - 22:47

[Personnel]
Irma Thomas - vocals
Kim Phillips - keyboards
Warner Joseph Williams - keyboards, Hammond B3 organ
Arthur V. Bell - guitars
Edward Long - bass, backing vocals
Emile Hall - tenor saxophone, percussion, backing vocals
Percy Williams - trumpet, cowbell, backing vocals
Larry "Choo" Campbell - drums
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ