2013/5/1

Japan Blues Festival 2013(青森)開催決定  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

青森のブルース・フェスティバル。今年も開催が決定したそうです。今年で11回目を数えます。
現時点で発表されている情報を掲載します。

昨年の詳細については、下記をご覧ください。今年も恐らくおおむね同様の形式で開催される
ものと思われます。
http://www.aomori-yeg.jp/yasukata2012/blues/index.html

Japan Blues Festival 2013
2013年7月18日(木)〜20日(土)
青森市・浪岡/安潟特設ステージ
The Mathew Skoller Band with special guest Deitra Farr
Shun Kikuta & Blues Project
Nacomi 他
主催:シカゴブルース交流事業実行委員会

7月18日(木) 山のブルース 浪岡ステージ
道の駅 なみおか アップルヒル特設会場
(青森市営バス 青森駅前から「道の駅なみおか」行き 約1時間)

7月19日(金)・20日(土) 海のブルース 安潟ステージ
安潟ステージ・ワラッセステージ
(安潟ステージは青森駅より徒歩7分、ワラッセステージは1分程度)

【出演アーティスト】
■The Mathew Skoller Band with special guest Deitra Farr
Matthew Skoller - harmonica, vocals
Billy Flynn - guitar
Felton Crews - bass
Johnny Iguana - piano
Brian "BJ" Jones - drums
Deitra Farr - vocals

20年以上にわたりシカゴのブルースシーンの第一線でプレイし続け、プロデューサーとしても手腕を発揮。彼自身が書き下ろした “The Devil Ain't Got No Music" は、「第34回Blues Music Awards 2013」の“ベスト・ブルースソング・オブ・ザ・イヤー”にノミネートされている。そんな彼が率いるドリームバンドにシカゴのトップ・ヴォーカリスト“デイトラ・ファー”を加え、今夏来青!
※2010年のグラミー賞、ベスト・ブルース・アルバムにノミネートされ、シカゴ・ブルースのバイブルともいえる名盤である「Chicago Blues: A Living History」。今回JBFに出演するメンバー5人のうちドラムのBJを除く4人は、このアルバムに参加した“The Living History Band”のメンバー。

■Shun Kikuta & Blues Project
菊田俊介(ギター)
クマ原田(ベース)
マーティ・ブレイシー(ドラム)
祖田修(キーボード)
Tammy(ヴォーカル)

毎年Japan Blues Festivalを盛り上げてくれるのはもちろんこの方!今年は国内外から強力なブルースミュージシャンを従えて、バンドとして参戦決定!

【関連サイト】
Matthew Skoller http://www.matthewskoller.com/
Deitra Farr http://www.deitrafarr.com/
菊田俊介 http://www.shunkikuta.com/
Nacomi http://www.nacomitanaka.com/
昨年の写真集 http://www.flickr.com/photos/sumori/sets/72157630895659894/
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ