2008/6/29

ジョン・シンクレアにピストル・ピート...  音楽全般

週末はのんびりへらへらしていることも多いんですが、今日(土曜日)は盛り沢山でした。
午前は我が子の塾へのお迎えに続き午後は近所でじゃがいも掘り。
ま、ここまではいいんだけど。

夕方から原宿方面へ。ジョン・シンクレアのトークライブとピストル・ピートのライブをはしごしてしまいました。両者の時間が重なっていたので、シンクレアのライブは途中退席しましたが。

シンクレアと言えば、MC5の元マネジャーで、のちにはニューオーリンズの音楽シーンにも深く関わっていた人。なんで、日本に来てるんだろうと思ったら、この1回ぽっきりのイベントのためにわざわざはるばるアムステルダムから来日したんだそう。会場は、原宿の東京ヒップスターズクラブ。明治通りからちょっと路地に入ったところにあるこの店は、ビレッジバンガードを高級にした感じのところで、2階に今回のライブがあったイベントスペースがあります。決して広くないスペースでしたが、いっぱい人がはいってました。100人近くいたかな?鳥井賀句氏がシンクレアにインタビューする形で進行しましたが、いやぁその話の面白いのなんの。

クリックすると元のサイズで表示します
満員の聴衆がシンクレア(中央)の話に聞きいりました。
(右が鳥井賀句、左は通訳さん)

シンクレアがMC5のマネージャーとなった1966年当時の元祖ヒッピー達の生活ぶりが生々しく語られていました。この人はそういう時代を生き抜いてきた人なんだなぁと改めて実感。最後まで聞きたかったけど、ピストルピートの開演時間が迫ってきたので、後ろ髪を引かれる思いで退席。あの場で途中退席したのは僕だけかも。

ピートのライブは、新作リリースにあわせたタワレコ渋谷のインストア。前作に続いてライナーを書かせてもらった縁もあるので、これは外せません。今回ピートはこれだけのためにはるばる来日したのです。バックは中山のびちゃんがドラムスで、ベースはピートのA&R担当井村さん自らが入るという自給自足。日本の農業政策も彼を見習ってほしいものです。

クリックすると元のサイズで表示します
ピートと今回限定のバンド、ピートルズ

ま、冗談はさておき、ピートはサービス精神とエネルギー溢れるパフォーマンスを披露してくれました。おいおい、お前さん、これはインストアであること忘れてやしないかい?ギターを弾きまくりながら首を振ると汗のしぶきが飛び散る。ケツで弾き、背中で弾き、しまいには謎なペットボトルの水を飲みながらそれに合わせて??弾く芸当も飛び出し、まぁぶっ飛ぶくらい熱いステージでした。今回のバックとは1回合わせただけということですが、ばっちりでした。これもびっくり。インストアにしては、大盤振る舞いの1時間弱のライブに満足。

クリックすると元のサイズで表示します
ペットボトル奏法?ラッパ飲みしながら、プリングで弾きまくる!


10月には、ピートはバンドを連れて再来日することが決まったそうです。10月5日、九段会館でやるそうで、対バンはなんとウィリー・ウォーカー!!!!!!だって。これは見逃せないね。10月はネヴィル・ブラザーズもあるし、にぎやかになりそう。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
にらめっこしましょ、あっぷっぷぅ!


※ピストルピートのライブは撮影禁止でしたが、お店に特別許可を得て撮らせてもらいました。ありがとうございました。公式カメラマンの轟美津子さんが撮っていたので、もっとちゃんとしたものは後々でてくるでしょう。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ