2019/4/10

50周年のジャズフェス、ストーンズキャンセル後のゴタゴタ  ニューオーリンズ

3月30日にストーンズの出演キャンセルが発表され、4月5日は代役としてフリートウッド・マックが出演することが発表になりました。

がしかし!そのわずか4日後の4月9日、今度はフリートウッド・マックのキャンセルが発表される事態に。スティーヴィー・ニックスのインフルエンザが理由とのことです。まだ3週間もあるから体調回復期間を考えても充分行けると思うんですがね。

ほぼ同時に発表されたマックの代役はワイドスプレッド・パニック。過去に何度ものこフェスに出演しているバンドなので、常連で落ち着いたということでしょうか。今度こそ、これで最終でしょうかね。主催者も大変ですね。

ストーンズ仕切り直しと同時に、彼らが出演予定だった5月2日のスケジュールの大幅組み換えも行われました。彼らのライヴと他のステージのライヴが重ならないよう、他のステージは4時で終了することになっていましたが、それが通常通りの形式になり、地元アーティストを中心に下記11組が追加で出演することとなりました。

新たに追加された出演者
Zena Moses & Friends (Congo Square)
Andy J Forest & The Swampcrawlers (Blues Tent)
Johnny Sketch and The Dirty Notes (Gentilly Stage)
Kyle Roussel History & Future of New Orleans Piano (Jazz Tent)
Lena Prima (Economy Hall)
Sean Ardoin (Fais Do-Do)
Egg Yolk Jubilee (Lagniappe Stage)
Donald Lewis (Donald Lewis)
The New Voices of Light (Gospel Tent)
First Grace United Methodist Church Gospel Choir (Gospel Tent)
Buffalo Hunters & Cheyenne Mardi Gras Indians (Cultural Exchange Pavilion)

さらには他の日に出演予定だった以下の人たちも5月2日移動、あるいは追加出演が決まっています:
101 Runners (4/25から移動)
Javier Gutierrez & Vivaz! (4/26から移動)
Crocodile Gumboot Dancers of South Africa(5/3-5出演に加え5/2も追加)

紆余曲折ありありですが、無事当日を迎えることができますように!
0

2019/4/7

横浜ジャグバンドフェスティバルVol. 18は4/13(土)です。  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

春の横浜を賑やかに彩る恒例のおまつり、横浜ジャグバンドフェスティバルが今年も開催されます。2002年に第1回が開催され、今年でもう18回目となるそうです。凄いですね。当初から見ると会場が一部変更になるなどし、紆余曲折もあったようですが、今年も日本各地から50ものバンドが集結して賑やかに執り行われる予定です。

このフェスの主宰者、Mooneyさんは今も変わらず元気ですが、彼のバンドMad Wordsはウォッシュタブ・ベースとジャグ担当のYONOさんはここ数年フェスには出ていませんし、今年はギターの日倉士歳朗さんも、先日悪性腫瘍が見つかったとのことで今月から闘病のため演奏活動を休止しています。なので、今年のMad Wordsは残る3人(Mooney、石川二三夫、杉原徹)での演奏となるはずです。もちろん、例年通りお友だちミュージシャンたちが大勢ステージに上がる形にはなるでしょうが。

なにせ出演者が多いのですが、ざっと見たところ、昨年の出演者の大半は出ているのでは思います。ここ最近毎年出ていた大阪の激団モンゴイカ、The buta-meganeは今年は不在のようです。あと「ブラウニーシンジとサニーコテツ」って、ブラウニー・マギー&サニー・テリーのパロディだったんですね。気づかなかった…w。

毎年行かれている皆さん、今年も現地でお会いしましょう。行かれたことのない皆さん、めちゃくちゃ楽しくまた敷居の低いイベントなので、ぜひ一度体験してください。ジャグバンドって何?いや、そんなことは知らなくても全然問題ありません。実際参加しているバンドは雑多で、お堅いところは一切ないフェスです。

----

毎年恒例、平成最後のJUGFES!今年も全国から約50バンドが参加!
YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL Vol.18
https://jugbandfes.blogspot.com/


日程:2019年4月13日(土)
OPEN & START 13:00(各会場によってSTART時間が違います)
※終演時間は西口ターミナルは17:30頃まで、THUMBS UPはタイムテーブルでは22時からMAD WORDSが出演することになっていますが、だいたい押すので、23時過ぎまでは演奏は続くものと思います。

会場:
横浜駅西口ターミナル(高島屋正面-フリー)
Yokohama O-SITE(要チケット)
THUMBS UP(要チケット)
STOVES(フリー)
STOVES BACKYARD(フリー)
エルスエーニョ(フリー)

入場料:
ADV ¥2500 / DOOR ¥3000(THUMBS UP、O-SITE 共通) (先着順入場/一部スタンディング)

SPECIAL GUEST:
大久保ノブオ(ポカスカジャン)
ハッチ・ハッチェル
ブラウニーシンジとサニーコテツ+ガキデカジャグストンパーズ(三宅伸治、Kotez、飯山ガキデカJug Stompers)

MAD WORDS(関東)
春待ちファミリーバンド(神戸)
Little Fats & Swingin' Hot Shot Party(東京)
Kechon Kechon Jug Band(山形)
HOTCH-POTCH JUGBAND(仙台)
ジャグジャグうまっ仔(仙台)
Terrapin Jug Band(関東)
ラグパパスジャグバンド(神戸)
飯山ガキデカJug Stompers(飯山)
マギーズファーム(千葉)
かたるべバンジョークラブ(神奈川)
ゆかりスペシャル(松坂)
ジャムポット(豊橋)
The BIGOOD!(大阪)
Empty Jug Band(東京 横浜)
Joe-Go(東京)
ハニーバイキング(東京)
西洋洗濯団(大阪)
山風(横浜)
バロン(東京)
@CAMPERS(大阪)
モーレツアタック40’s(千葉)
キッチンシスターズ(神奈川)
ダニー坊や楽団(木更津)
ザ・ソラオショー(高崎)
ペコポンズ(千葉)
ウッドストックジャグバンド(荒川区)
Som Tam Times from テッチャイ (東京)
The Worthless(東京)
YUGLET WATERLOO JUG BAND(東京)
うさぎや(千葉支部)
お祭り急行(東京)
ひーず(鹿屋)
SABASAND(横浜)
ナギラアツシバンド(東京)
ホビロンズ(東京)
Muley(和歌山)
FRAMED BUT INFINITY(市原)
なんちゃってブルースバンド(神戸)
スパイシー☆コッコちゃん(群馬)
ココペリ亭ジャグバンド部(横浜)
ドンガバス(茨城)
ジョニーモイキー&モイキースウィング(東京・神奈川)
ラリーフラムソン+満井雄一(東京)
Old Groovy(札幌)
The Honolulu Stomp Jug & Swing Band(東京)
KILL KILL(横浜)
Paw Paw Jug Stompers(茨城)
NOG!!(大阪)
National Companys(大阪)
DJ SaToShi ・MAYURHYTHM ONE(東京)

注1)STOVESとエルスエーニョは入場料はかかりませんが、レストランなので、飲食のオーダーはした方がいいと思います。
注2)西口ターミナルは横浜駅前です。目に触れやすいのでロケーションとしては最高ですが、ちょっと狭いです。通行の妨害にならないように配慮する必要があります。ここが野外のステージになったのは昨年(2018)からで、それ以前はVIVRE前広場でした。あっちの方が広くてよかったのですが、使用許可が取れなくなってしまったようです。なので、VIVRE前ではもうやってません。


公式サイト(4/6にタイムテーブルが発表になっています。)
http://jugbandfes.blogspot.com/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/1

ニューオーリンズのジャズフェス50周年、しかし...  ニューオーリンズ

このウェブサイトでも度々現地レポートをして来たニューオーリンズのジャズフェス(New Orleans Jazz & Heritage Festival)が今年50周年を迎えます。世の中の音楽系イベントを見回しても、半世紀続いたものがどれだけあるでしょうか?そう考えると本当にすごいことだなぁと思います。2006年には、ハリケーン・カトリーナの被災で開催が危ぶまれたりしましたが、それも乗り越え、今日も健在です。

しかし、この50周年を記念して、ローリング・ストーンズが出演することになっていましたが、3月30日、突然キャンセルとなってしまいました。理由はミックの健康上の問題だそうです。ジャズフェス前後の北米ツアーが丸ごと延期になったという形です。ストーンズ側は、チケットはそのまま振替公演に使えるとしていますが、ジャズフェスはそういう訳にも行かないですよね。

ジャズフェス主催者は、ストーンズが出演予定だった5月2日のプログラムとチケットの払い戻しの詳細については、決まり次第発表するとしています。

ストーンズの日だけ入場料が2倍以上したり、WWOZのパス(Brass Pass)もその日だけは使えないというイレギュラーな対応に批判的な声も少なくなかったのですが、いざ券が発売になると、ジャズフェスとしては前代未聞の即日完売に。この日は、メインのアキュラ・ステージにストーンズが登場する前の4時までに他のステージは全て終了となるよう、ストーンズ中心のプログラムとなっていました。

それが、土壇場で中止ということで、さすがにジャズフェス主催者が気の毒です。今からストーンズ級の大物を連れてくることはほぼ不可能ですし、高値で売ってしまったチケットは他の日と同じ金額に戻すのか、4時以降の全ステージのプログラムはどうするのか、きっと今主催者はパニックでしょう。

一度は出演が決まり直後にキャンセルになったボブ・シーガーを呼び戻せという声もありましたが、さてどうなることやら。

思えば僕が行ったときのジャズフェスでも2006年のカトリーナ復興を謳った年はファッツ・ドミノの出演が目玉だったにも関わらず、当時になってからキャンセルになったり、2004年には公式ポスターになっていたハリー・コニックJr.の出演日が悪天候で丸ごと中止になったり、色々と大変なことはこれまでもありました。

アレサ・フランクリンが3度連続でドタキャンしたということもありました。(2009年、2010年、2018年)彼女は結局2018年に亡くなったので、「4度目の正直」は実現しませんでした。

こういうことを乗り切って来たフェスですから、主査者の人たちはハプニングへの対応は慣れっこかもしれません。しかし、それにしても今回は大変だろうと思います。

ジャズフェスはもう三週間あまりで初日を迎えます。きっとストーンズを見るために遠方から駆けつけようとしていた人も少なくないでしょう。さてどうなることやら。僕は行けませんが、成功裏に終わることを祈ります。

New Orleans Jazz & Heritage Festival公式サイト
http://nojazzfest.com

ブルース銀座過去のジャズフェスレポート
http://bluesginza.web.fc2.com/nojhf06/



[2019/4/5追記] ミック・ジャガーの健康状態として、心臓弁の置き換え手術を受ける予定とローリングストーン誌は4月1日に伝えています。また延期されたツアーは7月にスタートする見込みだそうです。2週間以内に新たな日程も発表するそうです。気が早いですね。
心臓の手術って大変なことだと思いますが、彼の全快を祈りたいと思います。

Mick Jagger: Heart Surgery Postponed Rolling Stones Tour
https://www.rollingstone.com/music/music-news/mick-jagger-heart-surgery-rolling-stones-tour-816214/

Rolling Stones Rescheduled Tour Will Start in July, New Dates to Be Announced 'In the Next Couple of Weeks'
https://www.billboard.com/articles/business/8505055/rolling-stones-rescheduled-tour-july-mick-jagger-health
1

2019/3/19

アナログで蘇る50年代のチャンス音源  ブルース

J.B.ハットーとジョン“スクールボーイ”ポーターの1950年代のチャンス・レコード音源が、この度日本盤アナログ・ディスクとしてリリースされました。チャンス音源は権利上の問題から、これまで長らく正規盤のリリースがありませんでした。

それがこの度、社主アート・シェリダンとの直接契約により、オリジナル・アナログ・マスターテープ起こしのレコード化が実現したのです。これは快挙と言えるでしょう。

チャンス・レコード(Chance Records)は、1950年にレコード・プロデューサーのシェリダンによってシカゴに設立されたレーベルです。1954年までの短期間ながら、名門チェス・レコードと競い合うように活動をし、良質なブルース、R&B、ドゥー・ワップ、ジャズなどの作品をリリースしたことで知られています。

今回のレコード化は、最高の音質を実現するため、レコーディング当時使用されていたAmpex社製テープ・レコーダーでマスターテープを再生し音源を一旦デジタル化、その上でアナログ・レコードに記録しているそうです。パッケージは1950年前後に贅沢なメディアとしてレコード各社がリリースしていたジャケット付きの10インチ・レコード形式です。ジャケット・デザインは表も裏も当時の雰囲気を見事に再現しています。シングル盤ではなくいわゆるミニLPであり、片面に3?5曲が入っています。今回初めて陽の目を見る未発表テイクも入っているのは、正規盤ならではでしょう。

制作者側の徹底的な拘りを感じさせるリリースです。

実際に聴いてみると、60年以上前のレコーディングとは思えないほどクリアな迫力のある音が楽しめます。

ちょっと値段としてはお高めではありますが、LPより一回り小さいジャケットとレコード盤は手に取るだけでも楽しさいっぱいです。このリリースはもちろん限定版で、アナログ・レコードのみとなります。

スクールボーイ・ポーターの方は、今注目を集めるBloodest Saxophone(ブラサキ)のリーダー、甲田“ヤングコーン”伸太郎が選曲と楽曲解説をしています。これも要注目です。

肝心の音楽ですが、J.B.ハットーはこの音源がデビュー作になります。彼のトレードマーク的なスライド・ギターバリバリのスタイルは、まだここでは確立されていませんが、後年にはない瑞々しさに溢れています。

スクールボーイ・ポーターは当時のチャンスの看板スターで、重厚なブロウを聴かせるテナー・サックス奏者です。ブラサキ甲田も太鼓判を押す、音色の”エロさ”にもご注目を。

----

クリックすると元のサイズで表示します
J.B. Hutto and His Hawks
Things Are So Slow -The Legendary Chance Masters- (SPACE-701)
2019年3月9日発売
価格:2,700円(税抜)
※解説 ジム・オニール (リビング・ブルース・マガジン共同創設者)


SIDE ONE
1. Combination Boogie 2:15 [Chance 1155 C-5121-5]
2. Now She’s Gone 3:16 [Chance 1155 C-5120-6]
3. Lovin’ You (Great Lovin’) 2:31 [Chance 1160 C-5119-4]
4. Pet Cream Man 2:27 [Chance 1160 C-5118-2]
5. Price Of Love 3:00 [Chance unissued C-5152-6]

SIDE TWO
1. Things Are So Slow 3:45 [Unissued take of Chance 1165 C-5153-1]
2. Dim Lights 2:47 [Chance 1165 C-5154]
3. Mouth Harp Mambo [Instrumental] 5:35 [Chance unissued C-5156-3]

All songs written by J.B. Hutto, except “Things Are So Slow” by Huzzel

<Side One 2, 4, Side Two 2, 3>
Joseph Benjamin Hutto (vocals and guitar), George Mayweather (harmonica), Joe Custom (second guitar), Eddie Hines (washboard/drums)
Chicago, March 3, 1954

<Side One 1, 3, Side Two 1, 4>
Joseph Benjamin Hutto (vocals and guitar), George Mayweather (harmonica), Little Johnnie Jones (piano), Joe Custom (second guitar), Eddie Hines (washboard/drums)
Chicago, October 19, 1954


クリックすると元のサイズで表示します
John "Schoolboy" Porter
Blow Heavy -The Legendary Chance Masters- (SPACE-702)
2019年3月6日発売
価格:2,700円(税抜)
※選曲・解説 甲田“ヤングコーン”伸太郎(from Bloodest Saxophone)

SIDE ONE
1. Nevertheless (Kalmar-Roby) 2:59 [Chance 1104 U-5001-6] November 15, 1950
2. High Tide (J. Porter) 3:01 [Chance previously unissued U-5000-2] November 15, 1950
3. Junco Partner (Shad-Ellen) 2:46 [Chance 1119 U-2123-3] May 1, 1952
4. Josie Jones (featuring Johnny Sellers) (Sellers-Porter) 3:03 [Chance previously unissued take U-2129-1] May 1, 1952

SIDE TWO
1. Tojo's Boogie aka Rollin' Along (J. Porter) 2:46 [Chance 1114 U-1968-2] July 25, 1951
2. Stairway To The Stars (Signorelli-Melnick) 3:13 [Chance 1111 U-1967-5] July 25, 1951
3. Sentimental Journey (Brown-Homer) 2:43 [Chance 1117 U-1968-2] July 25, 1951
4. Tennessee Waltz Part II (Stewart-King) 2:27 [Chance 1103 U-5003-3] November 15, 1950

John Schoolboy Porter and His Schoolboys
Side One 1, 2, B3 & 4: Schoolboy Porter (tenor sax)/ Jesse Hart (piano and vocals on B4)/ Walter Broyle (bass)/ Carl Scott (drums)
Side Two 3, 4, B1 & 2: Schoolboy Porter(tenor sax)/ Art Hoyle (trumpet) / Peterson (baritone sax) / Eugene McDuffy [Alias Jack McDuff] (piano/organ) / Floyd Dungy (bass)/ Vaciro (drums)

----

発売・販売元:株式会社スペース・エイジ 東京支社 音楽企画制作事業部
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-1-8 恵比寿OTビル3F
TEL.03-6303-4609 / FAX.03-4496-4555
http://sa-works.com/
0

2019/3/18

訃報:Abb Locke 1934-2019  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Abb Locke / Big City Blues (1989)

シカゴのブルース・シーンで活躍したサックス奏者、アブ・ロック(Abb Locke)が2019年3月9日、イリノイ州カントリークラブヒルズにて亡くなりました。84歳でした。

1934年8月25日、アーカンソー州コットンプラントに生まれたアブは、その後シカゴに移住し、ハウリン・ウルフやマディ・ウォーターズをはじめ、往年のブルースの大物たちとの共演を重ねました。彼が共演した人たち中には、他にココ・テイラー、アルバート・コリンズ、エディ・クリアウォーター、ロニー・ブルックス、バディ・ガイなどがいます。多分、挙げ出したら切りがないでしょう。

1983年には自己名義のシングル”Cleo's Back”をルースター・ブルース・レーベルからリリース。これにはゲストでオーティス・ラッシュが参加しました。1989年には、ソロ・アルバムとしては唯一の「Big City Blues」を自主制作でリリースしています。

1998年には、モントルー・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパンに「レジェンズ・オヴ・シカゴ・ブルース・オールスターズ」の一員として出演。東京国際フォーラムでヒューバート・サムリンやウィリー・“ビッグ・アイズ”・スミスらと共演をしました。(大阪公演は、その翌日ベイサイドジェニーにて)

僕はその来日の際、取材でオールスターズのご一行と会ったのですが、話し出したら止まらないヒューバートとは対照的に、アブは比較的物静かな紳士だったように記憶しています。自宅の連絡先を書いてくれたのを今も持っています。

近年は、リル・エド&ザ・ブルース・インペリアルズで活躍したデイヴィッド・ウェルドのインペリアル・フレイムズのメンバーとして活動していました。

ご高齢とは言え、シカゴ・ブルースの全盛期を知るヴェテランの訃報に淋しいものを感じます。

安らかにお眠りください。

彼の葬儀は3月23日、カントリークラブヒルズのLeak & Sons Funeral Homeにて執り行われるそうです。葬儀費用を捻出するためのクラウドファンディングサイトがインペリアル・フレイムズのMonica Myhreによって立ち上げられました。

Abb Locke's Funeral
https://www.gofundme.com/abb-locke039s-funeral

クリックすると元のサイズで表示します
Legends of Chicago Allstars (1998年8月15日撮影)
(左から) Jon McDonald, Hubert Sumlin, Little Smokey Smothers,
Calvin "Fuzz" Jones, Henry Gray, Abb Locke, Willie "Big Eyes" Smith


この写真に写ったオールスターズの面々も、ヘンリー・グレイとジョン・マクドナルドを除き故人となってしまいました。しかし、グレイはこの中で最年長です(1925年1月19日生まれ、今年94歳!)。彼がいまも健在なのはすごいと思います。だいぶ歳を取ったなとは思いますが、これからも長生きしてほしいですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ