SILENCE SPEAKS

 

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理人

なかやま
超文系メタラーで絵描き。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:The Dawn
両者ともまだ未見です。しかし「世界で〜」は鑑賞意欲はあるんですが、鮫は、うーん…同じドリームワークスのシュレック嫌いだしなぁ。変に大人向けってところは、シュレック1,2も同じでしたし。

>神音さん
今の世界的情勢(児童ポルノ云々)からして、原作がやってたという(未読なのです)展開の実写化は絶対に無理でしょう。ましてや演じるのがダコタ・ファニングでは。個人的には、あれはあれで、メキシコの無情感が描けてていいかなぁと思ってます。復讐劇の説得力を落としてしまったのは確かですけどね。

ちなみにダコタお嬢ちゃんは「ハイド・アンド・シーク」、そしてかの「宇宙戦争」(注:スターウォーズにあらず)が控えているので、萌えられたのならばチェック必須でしょう。

http://blog.goo.ne.jp/thedawninhell/
投稿者:なかやま
絵柄を大人向けにしないのは、メリケンな方針なんでしょうかねえ。アダルツな絵柄にするくらいなら実写でええやんって感じかもしれませんが(笑)。
投稿者:神音@軍師
最近のネタだと、Mr.インクレディブルもかなり大人向きの映画だったような。
ハリウッドアニメも案外大人向けにアレンジされはじめてるのかもしれません。

最近見たロリ子役だと、萌えるおと、、いやマイ・ボディガードの子役が結構良かったです。ただシナリオ展開上クィネルの原作を知ってる人には「なんじゃそりゃー」ってなとこもありますが。

過去ログ

そこはかとない掲示板

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ