クドヒデの「どうせ一度の人生ならば!」

映画、演劇、歌舞伎、スポーツ、特撮etc…
とにかく何でも興味津々の役者“久堂秀明(Hideaki Kudoh)”が
つれづれなるままに書き綴ります。ちょっと読んでみませんか?

 

久堂ッス!

  ご迷惑は、承知の上です!

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:クドヒデ
>showken-funさん
いらっしゃいませm(_ _)m

記憶が定かでなくて申し訳ないのですが
はるか昔の『太陽にほえろ!』の特番か何かで言っていたように思います
当時の僕も、へぇー!と思いました

ただ、脚本にする前の段階の話…
こんな感じでどう?という製作サイドからの話に対して
萩原さんから「野垂れ死にさせてくれ」という答えだったのかもしれません

マカロニの死は、本当にやるせなかったですね
ただ、やはりあのシーンには
萩原さんの、作り手の魂を感じます
刑事ドラマ史に残る名シーンの一つだと思います
投稿者:showken-fun
はじめまして。
ショーケンのファンです。
知らんかったです!!
マカロニ、撃たれて死ぬ脚本があったんですか!
どこかに埋もれているんならぜひ拝見したいです。
脚本の方が、直しなしで一気に書き上げた、という話はよく聞くので、てっきり最初からあの設定なんだと思っていました!!
もう大昔だから、残っていないかもしれませんが、別設定のマカロニ殉職、ぜひ拝見したいものです。
ショーケン「死にたい、野垂れ死にさせてくれ」と主張していて、スタッフも仕方ないとあきらめての死に様だったんですよね。本当につらかったです。

http://ameblo.jp/showken-fun
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ