クドヒデの「どうせ一度の人生ならば!」

映画、演劇、歌舞伎、スポーツ、特撮etc…
とにかく何でも興味津々の役者“久堂秀明(Hideaki Kudoh)”が
つれづれなるままに書き綴ります。ちょっと読んでみませんか?

 

久堂ッス!

  ご迷惑は、承知の上です!

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:クドヒデ
>うさぎさん
はい(笑)
でも、映画は娯楽ですから
何よりも、楽しもうという気持ちをお忘れなく(^_^)
投稿者:うさぎ
はい、わかりました。
観に行くときは、心して!ですね^-^
投稿者:クドヒデ
>うさぎさん
まあ、「ダ・ヴィンチ〜」は
観た後、決してスカッとするタイプの作品ではないかもしれませんね
でも、僕おススメの「嫌われ松子〜」も
油断しているとドキッ!とするシーンがちらほらありますよ
ま、油断しなければ大丈夫、かな?(笑)
投稿者:うさぎ
ダ・ヴィンチ・コードを観てきました。

信仰の名の元に、人々が殺されて行く。
人々を救うことが目的のはずの宗教が、結局は私利私欲に使われてしまう。

宗教って、信仰って何だろう…

そんなことを考えながら観てきました。

惨い殺人シーンがわたしには重くて、クドヒデさんご推奨の「嫌われ松子…」にすれば良かったぁと、観終わって思いました(;_;)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ