クドヒデの「どうせ一度の人生ならば!」

映画、演劇、歌舞伎、スポーツ、特撮etc…
とにかく何でも興味津々の役者“久堂秀明(Hideaki Kudoh)”が
つれづれなるままに書き綴ります。ちょっと読んでみませんか?

 

久堂ッス!

  ご迷惑は、承知の上です!

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:クドヒデ
>ナルシスさん
“エロかっこいい”という言葉は
今、人気の倖田來未(こうだくみ)という若手女性シンガーが
自分のキャッチフレーズとして使い出したのが始まりと僕は認識しています
たぶん生まれて一年もたっていない言葉だと思いますよ
意味は、「ルパン三世」の峰不二子のイメージと言えばわかっていただけるでしょうか?

新しく生まれては消えていくあまたの言葉…
確かに僕は溢れるような日本語の中に身をおいていますが
日々痛感させられます
(たぶん僕だけではなく、多くの役者がそうではないかと思います)
言葉というものは先ず
それを使う“人”ありきなのだということを…
投稿者:ナルシス
エロかっこいい・・・新しい日本語がどんどん誕生しますよね。時々、日本の人が何を言っているのか分からない時があるし、ああ、そんな日本語もあったなあって思い出したり。
今日は一日どうしても「舞い上がる」という言葉が思い出せなくて。っていうかこれも単なる老化だと思うのですが。
クドヒデさんは職業柄、溢れるような日本語の中にいらっしゃるわけで羨ましい境遇です。

http://d.hatena.ne.jp/Narcisse/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ