2005/5/25  14:01

ゴーゴー牛娘  アド街ック天竺

早く上がれたので、ディスクユニオンに行くことにした。
今月は洋楽LP強化月間にしようというつもりはなかったけど
なんかそんな風だったし、給料日な訳だし。
関内に行くときはいつも京急の日ノ出町から歩く。定期の範囲内だからだ。
横浜から国鉄乗っても150円しかかかんないんだけど。
日ノ出町で降りて長者町を通り、伊勢佐木町商店街を抜けて行く。
寄り道の途中で寄り道。日高屋でラーメンを食った。
期間限定で中華そば300円。当然のようにおいしくありません。
バーミヤンラーメンの方がおいしいです。
当然のように店員は韓国系だった。

閉店30分前に着いた。久しぶりだったから配置が変わっていた。
俺がよく通ってた頃は2フロアだったけど、何年か前に1フロアに。
あんなにあったレコードも随分少なくなってしまった。
中古邦楽CDは全盛期に比べると壊滅状態にあると言ってよい。少なすぎ。
でも昔と置いてあるものがあまり変わらない。
ユニオンならではの、なんというかアングラ指向というか。
30分間では全然時間が足りなくて、日本人と洋楽一般ロックのレコードを
ひととおり見たら終了。
月ごとに変わるラベル色別割引に次ぐユニオン名物のプレミア価格。
そこで見つけたのがこれ。
クリックすると元のサイズで表示します
ジャックスのライブ盤。見えるだろうか。お値段¥158,000-
一ケタ間違えてるんじゃないのかと思う。
今まで生きてきた中で一番高いアルバムだ。
これを面向けて置くわけでもガラスケースに入れるわけでもなく
床に置かれた最新入荷のダンボールに入っているのだ。

アーティスト名にゴーディエゴと書かれていて何のことだと思って
ジャケットを見たらゴダイゴでした。GODIEGOを知らないのか。
それとPILのアルバムが12インチシングルになってたり。
価格設定がおかしいことはあっても、こういう間違いがないのが
ユニオンのいいところだと思ってたんだけどな。時代が変わったな。

それにしてもやっぱり邦楽LPの品揃えはユニオンならでは。
YMOや各ソロ、鈴木茂、遠藤ミチロウ、有頂天、人生。
外道がやたらいっぱいあった。1000円ちょっとくらいで。
この前バナナレコードで普通の値段で買った頭脳警察が
5000円とか10000円とかだった。

ジャックスといえば、バナレコで『ジャックスの世界』を買ったら
『ジャックスの奇蹟』のライナーが入ってた件で電話して
まだ返答がない。また電話かけてみよう。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ